My Favorite Things

物心ついた頃からアイドルが好きな人のブログ

わたしのタカラモノ (KING'S TREASURE SnowMan公演 8/10昼 感想)

ご無沙汰しております。なんと1ヵ月前の公演の感想がやっと書きあがりました...←

ちっちゃい脳みそのキャパにぎゅうぎゅうに押し込んでいた大切な瞬間をどうにか長い間残しておこうという意図で毎回書くんですが、記憶の量と私の語彙力とキーボードを打つ速さがいろいろバランスが取れず、結局いろんなものを取りこぼしてしまっていますが、とりあえず形にできてよかったです。。

というわけで、かなり長い期間をかけて書いているので、いろんな語彙の重複とか表現の一貫性のなさとか、いろんなことはご容赦ください(>_<)

 

 

今回私が行った公演は、タイトルの通りキントレのSnowMan単独の8/10 14:30~の回で、単独の最後から2回目の回でした。今になって雑誌とかでキントレの裏話が語られているのを見ると、ひーちゃんが体調的に単独の最後のころは綱渡りだったって言ってたりして、全然私はそんな風には感じなくて、やっぱりプロだなって思ったりとか。そんなころのお話です。

今回、本当に運がよくて2桁番台のかなり前の方で入らせていただいて、スタンディング前から2列目のどセンに陣取れて。例のごとくぼっち参戦だったんですけど、本当に夢のような時間でした。きっとこれから何年SnowManを応援していても、こんなに近いことはもうないと思います(笑)

 

ということでオープニングから!! 

0.Overture
紗幕越しに一人ずつダンス。クリエのときと大きくは変わらないけど、BGMは何人か変わってたね。ひーちゃん、阿部ちゃん、宮ちゃん、渡辺くん、さっくん、ふっかの順かな?

覚えているのは宮ちゃんがセクシーだった(はず← 常にセクシーだから違ったらごめん)ことと、渡辺くんが殺陣してたこと!と、ふっかの影絵で周りみんな「かわいい~」って言ってたことかな。あと個人的には渡辺くんのBGMが歌舞伎のナンバー(たしか春の踊り)で沸いたのと、さっくんのBGMがえびのHWGで、周りの反応的にえびの横アリ行ってた人多そうだなってことを察した記憶があります(笑)

 

1.ZIG ZAG LOVE
ZZL!!毎度のことながら、少クラとかはカメラワークに従順に見ているので(=自担だけを追うことはしない)、紗幕越しの横一列の6人を見て、自担どこ...?ってなります← ごめんなさい(*_ _)
まず思ったのは、当たり前のことながらめっっっちゃ近い!!!ってこと。見上げる感じだったので、舞台の面まで来るときほんとド迫力だったし、PAされちゃったんじゃない、生の足音がガンガン聞こえてきて超高まりました!!
♪内緒だよ(シー)はいつもは当然のように歌ってる下手の厄年トリオを見てたんですが、PON見てから上手の後厄トリオも相当やばいって知って、ギリギリまで悩んだ末に自担見ました。。破壊力。。
間奏のアクロは祈るような気持ちで見ていました。っていうかやっぱり手は祈る仕様に組んでしまっていました。去年のことがあったから。何回見てもドキドキする。危うかったところを目撃したことなんてないのに。でも上手くいってよかった。
ひーちゃんが今回もバク宙したあとに胸に手を当ててホッとした~(*´ω`*)みたいなリアクションしてたけど、毎度のことながらかわいすぎです。
腹チラも、後列4人のさっくんだけはちゃんと見れてないけど、みんな胸くらいまでガバァーってまくっててすごかった。チラどころではない、もはや(笑)
ラスサビの♪ZIG ZAG ZIG ZAG LOVE~×2も安定に楽しかった。みんなで踊れる振付、ふっかが煽ってくれるの好きです。「もっかい来るよ~」みたいなやつ。好き。

 

2.Acrobatic
ZZLのラストで横一列になって、少クラでGravityからのメドレーでやったときみたいに横一列スタートver.のAcrobatic。クリエはアンコでお手振り曲だったから、去年の少年たちぶりにガッツリ踊ってるの見られて嬉しかったなぁ。近くからとっとこなべ太郎(渡辺くんの背中走り)も見れたし(´艸`*)
♪Don't give up~のひーちゃんのハイキックはまじで3Dだった...。迫りくるおみあし。。
♪make it make it love~も「いっしょにー!」って煽られた気がするけど油断してて入れなかったよね(笑) そのあとの「ひらいてとじて ひらいてとじて かいて~」\イケメン!!/は完璧にできたけど!!すのすと合同のレポ見ても、すと担さんたちが\イケメン!!/って叫ぶの楽しかったって言ってくれてて嬉しかった。
あとは間奏明けかな!下手からあべふか、だてさく、いわなべのペアで背中合わせするところで、ギンギラSNM衣装のフードかぶってたふっかのフードを自分の頭越しに自分の方にちょいちょいって引っ張る阿部ちゃんっていう最高の同期コンビいちゃいちゃに叫んだよね...。かわいいの塊。
最後の締めは人間知恵の輪みたいなオリジナルのポーズ見れた!

 

3.自己紹介Rap
今年のクリエでやらなかったんで、はじめましてでした。自分たちでリリック考えたんだろうなぁ~ってぼんやり思ってたら先日のあべ日常で阿部ちゃんが書いたって教えてくれてびっくり(゜-゜)!!ひーちゃんもRap詞作ってることあるし、多彩な末ズだ...。すののオリジナルパフォーマンスのブレーンは末ズなんだろうなぁ。
渡辺くんの♪Ah 集いし6人 の歌い方のクセが強いってTLで話題になってたけどそんなに私の記憶には残ってないのが心残り。「あ゛ーん!つどいしろーくにん!!」っていう感じらしいやつ意識して聞きたかった...(笑)
初めて聴く(&見る)上に、モニターにご親切に歌詞出してくれてたから本当に目が足りなかった(*_*) 個人的には「光り輝く」\SnowMan/も最後しか成功しなかったし...。また絶対聴きたい!!
まずひーちゃんに紹介される阿部ちゃん。「とんでもなく甘い気象予報」で嵐通ってきた血が騒いだよね(笑) なんとなく全編サクラッブ風味なのは阿部ちゃんが書いたからなんだなぁ。今になって納得。阿部ちゃんはいつも自分の時間になるととってもかわいい。全力でアイドル!!
次に阿部ちゃんに紹介されるさっくんさっくんはめっちゃ笑顔で両手で指定席の方に大きく手を振ってて纏う空気がピースフルだった(*´ω`*) あれは1年ぶりのさくまだいすけくん(7)と言っても過言ではなかったもん。
お次はさっくんに紹介される渡辺くん。この回では『背中越しのチャンス』のサビ頭の振付ずっとやっててめっかわだった。そして顔がいい。きゅるんって顔でやってた。顔がいい(2回目)。リリックもあらためて読むとすごく阿部ちゃんに、そしてその内容でGOを出したメンバーたちに買われてるんだなって思う。とっても感慨深い。。
次は渡辺くんに紹介されるふっか。...ふっか、ごめん。ひーちゃんの指揮ガン見で前のめりながらRapする自担に見とれていた。。でも本当にふっかの「後輩支持率No.1」は間違いないから!!
そしてふっかに紹介される宮ちゃん。あの、その、どエロい。。ふっかのDance×3~とSing×3~もめっちゃ耳に残ってる。でも腰くねらせながら舌なめずりする宮ちゃんがエロかったっていう記憶が強すぎる。。
最後は宮ちゃんに紹介されるひーちゃん。リリックめっちゃかっこいい!!って思いながら見てたなぁ。っていうのも、宮ちゃんがRap苦戦してるっていう前情報があったから、正直そっちに気を取られていた...← 「筋肉マチョマチョ」超かわいい。それが宮ちゃん発信らしいのがさらにかわいさ割り増させてる。。最後みんなにひかる!!って呼ばれてニコニコしてたひーちゃんはまじひーちゃんでした(*´ω`*)
やっぱり名前呼べる曲はいいなぁ~。相変わらず\なべしょ!!/は呼んでない...ってなるけど(笑)楽しかった!!

 

4.NOROSHI
すのろし!WSS意識したなべふか案の振付なんだっていうことを知った上で見たのは初めてで、なんか感慨深かったです。そりゃあもちろんエイトのバンドver.がかっこいいんだけどね。でも、それとは別物としてきちんとSnowManのものになっている感じが好きでした。(振り付けしにくそうな曲なのに...。)あ、ちなみに一番好きなのはど頭のヤスのギターのストロークに合わせてみんなエアギターするとこです!!毎回渡辺くんロックオンになっちゃってるけど個性出てるんだろうなぁ。今度みんなのも見てみよーっと!
歌割りもなんか勝手にA・Bメロは3:3でユニゾンかと思ってたんだけど、違ったみたいでびっくり(゜-゜) ♪世渡り上手いね、メンズ?が阿部ちゃんでめっちゃイケメていたのが頭にこびりついています。。サビのシンメごとに手をつなぐところ、だてなべに沸く気満々だったのにその手前にいるいわふかが人差し指クロスさせててかわいすぎて意味わかんなかった(。-_-。) ずるすぎ!!ちなみにイントロで手をつないで向き合って前後にステップ踏むところ(伝われ!)も、ひーちゃんが手を出さなくてふっかが裏切られててオフマイクで騒いでてかわいかった!!はいはい、いわふかのいちゃいちゃ。。
あとは、Cメロっていうのかな? ♪"もうダメだ"って思った時~からのところで、半円のフォーメになって阿部ちゃんから歌う順に円心に向かって空手パンチしていって、♪『手のひらが背に触れた』のひーちゃんにつないでいくのわちゃわちゃしててほんとかわいかった(´艸`*) ...まあ実はさっくんが一人だけ違うポーズしてて自分で気づいてじわじわポーズ合わせにいってたの見えてたんですけどね...(笑) かわいかったからよし!!(笑) 最後のひーちゃんは隣にいた渡辺くんをホールドしてました!いわなべ!!
NOROSHIは\ハッッ!!/もできたの楽しかったな!

 

5.PSYCHO
PSYCHOは噂のマンションで。近かったもんで迫りくる迫力がすごかった(笑) イントロで煽るさっくんがクリエのときから好きです。渡辺くんの圧強めの「あゆれでぃ!!」もね(笑)
マンションだったからあんまり激しくは踊れない感じだったのがちょっと残念と言えば残念だったけど、やっぱりギラギラしてるSnowManも好きだなって思いました。
上段がいわだてなべだったんだけど、真ん中のひーちゃんの部屋(?)に3人集まってたのがよかった!本家の、北玉の上にガヤさんがのしかかって歌うみたいなやつが好きなので固まっていてくれていることにそれを感じてしまって。
PSYCHOも\最高!!/できて楽しかったです!!周りもガンガン声出してたので安定のぼっち参戦の人間は助かりました( ˘ω˘ )

 

6.WANNA BEEEE!!!
わなびーはバルコに移動。サビ前に「踊れー!」みたいなさっくんか誰かの煽りがあって手振りすぐできちゃうすの担さすがだなって思いました(笑) キスマイ兄さんにだてにお世話になっているわけではありませんね。
そして見学に来てたほくじゅりに絡みに行く6人。「あわなびーふりー」の直前に「樹からひとこと!!」ってマイクを渡したら、樹が「えーみなさん本日はEXにお越しいただきありがとうございます」って言って(笑) いやそこ「あわなびーふりー」じゃねえのかよってみんな崩れ落ちました(笑) さすがじゅったん。

 

ここで寸劇?みたいなのが入って、さっくんがSnowManの楽屋です~みたいな話して、ソロ何やるか話していた...みたいな前振りがあってからの~

 

7.「じゃなくて」(阿部ソロ)
ズボンはそのまんまだけど、黒シャツ黒ジャケに着替えて「じゃなくて」!!いやーーーーこれは。正直初日のセトリ流れてきたの見た瞬間に一番拗らせたもん。見ずともわかる、絶対似合う。
階段のセットを合わせてその上でほかの5人も一緒にやる感じとかすごい好きだった。頭抱える感じで終始困り顔な阿部ちゃんがめちゃくちゃキュートで。なんか相葉くんもだけど、こういう曲ってアイドル度高くないと無理だよなって思って。 ちゃんと作らなきゃいけないし顔とか。そう考えると「じゃなくて」歌える、ドハマりしてる人がいるって強いなって思いました。グループの振り幅として。
当然のことながら\じゃなーーくて!/ってできたのも楽しかったし、私はちらっと渡辺くんも見てたけど、そのコーラスしてる5人もちょっと困り顔というか呆れ顔でめっちゃかわいかった...。
といいつつ、最終的に阿部ちゃんに♪君のせい そろそろ気付いてよ って歌われて降参でした←

 

8.Give me...(渡辺ソロ)
はーいしんどい(^ω^)しんどいねぇ。白シャツ着て上手からふっと現れて。食い入るように見てたくせにもうあんまり細かいことは覚えてないよ...。
みっくんのソロだってことは知ってたし、事前にCDレンタルしてたし聴いて行ったけど、1ハーフになったときの構成とか知らなかったから、♪ここから始めよう~って歌いだされたときもうわけわからなくなったよ私は...。そこと、サビの♪二人明日からもっと~のところが好きかなぁ。みっくん音源聴いても渡辺くんの音声で変換されて聴こえてくる。。
そしてたぶんそれだけの聴覚情報の記憶に幅を取られたのか視覚の記憶があんまりない。。あべさくバックだったんだよね。。記憶がバカになってる。。
渡辺くん、今度は『FORM』やってくれていいよ~。っていうかやってくれ~(笑)

 

9.Dinga(岩本ソロ)
ジャニアイに入ってなかったからはじめましての曲で。ひーちゃんはガツガツ踊るというよりは歌とラップメインで、バックのだてふかがガッシガシ踊ってたんですけど、あの、色気が...。ふっかがやばいっていうのは冬から噂には聞いてて、案の定やばかったです、ええ。ふっかってガシガシ踊ってるときの重めの前髪が目にかかってる感じとか、伏し目な感じとかがまあセクシーだから危ない!(笑) Acrobatic衣装はスタイリッシュでお洒落なスーツだから、こういう曲によく似合うなって思いました。

 

ここでプチMC。
渡辺くんが「(ソロの振付)失敗しないでできた!」って言ったら、客席フゥーーーー!!!ってなるし、それに対してふっかが「それもおかしいけどね!!」って言っててかわいかった。ふっか心配してくれてたくせに~(´-`*)
あとは噂のだてなべハットパスですかね~。バッチリ決まって。そしてそれがかかってたラックを上手袖にはけるときに渡辺くんが「この衣装、はけていーっしょ?」ってダジャレかましてて、それにも客席フゥーーーーってなって、ふっかが「それおかしくねえ!?」って言ってるの聞いて、キスマイ恒例の玉ちゃんに甘いファンVSみっくんの攻防を思い出しました(笑) まあ玉ちゃんのほうは本当になんでも許せちゃう玉ちゃんかわいいかわいいだけど、渡辺くんのほうは言い方あれだけど気持ちよくステージに立ってもらうためのご機嫌取りみたいな感じだから本質的には違うんだけども← でも、みんなに甘やかされている渡辺くんは嫌いではないです。...ウソ、好きです(笑) あと私は、明らかに渡辺担以外のみなさんも甘やかしてくれているのが嬉しくて。そういうキャラとして扱ってくれるんだなって。だからこそ渡辺くんには、甘やかされているのをわかった上で計算尽くであざとくいてほしいと思います(笑) なんでもかんでも許されてるわけじゃないよっていうのを踏まえた上で、キャラとして、って感じで。まあ、頭いいからわかってると思いますが。。
あとはまったく別ベクトルであざとかったのはひーちゃんだなぁ~。ソロの話振られたので秒で終わらせて「ねぇ靴壊れちゃった~」って甘えてくるひーちゃん何なん!?!?衣装の黒ハイカットコンバースのラバーの内側のラインがはがれちゃってて、明らかにそれをふっかにアピッてて、そしたらふっかがあの優しい声色で「あとで描いてあげるからね」ってなだめてて、母と子なの!?ってなった(笑) 私は何を見せられていたんだろう。。24歳男性と25歳男性のやりとりだぞ。。しかも夜公演ほんとに描かれてたらしいからね(笑) ふっかママ~。それを考えると、玉ちゃんポジはひーちゃんなんだろうなぁ。まあひーちゃんのほうがもっとあざとくてめんどくさいけど(笑)(褒めてる)

 

10.ERO(宮舘ソロ)
あのねー、エロい。いや、手を抜いているわけではなくてこう言うほかないのですよ。まあ、エロいというかセクシー。宮ちゃんのすごいところは一番硬そうで真面目そう(すぐ眉間に皺寄せちゃうからね)なのに、一番セクシー担当なところだと思う。さっくんも大概だけど、だてさくはパフォーマンス見れば見るほどギャップがあるから"最終兵器"なんて呼ばれたりするんだろうなぁ。
まず、ちびMCはさんだから一回止まって汗噴き出してきたんだろうね、前に進んできてターンした瞬間に汗がキラッて光ってそれすらエロい。。あと、舞台のすぐ下だったから、少クラのBWB披露のとき並みに目深にかぶったハットの下に隠れている目が見えてて!わーーーって思った!!!!←

そして私も今回初めて認識したけど(ソロちゃんと聴くの初だから当然だけど)、宮ちゃんの歌声と山P曲の親和性の高さ...!!宮ちゃんの独特の鼻にかかった甘い声、どことなく山Pに似てるのかもしれないなと思いました。歌いだしの♪それ以上の問いかけにはみんな答えられないわね でこれは...!!ってなったもん。あべなべのソロもだいぶ拗らせているけれど、No.1はだてソロです。
で、魅せ方も、正直私はあんまりあからさまに腰振られたり身体くねらせられたりすると引いてしまうんですが(笑)、やりすぎてなかったのか耐性がついたのかあの文脈でなら許せたのかわからないけど、めっちゃセクシーにアピールしてたのに嫌じゃなくて。むしろ歌いながらシャツのボタンを外してはだけて歌ってたのはすごく魅力的だったし。(Acrobatic衣装はみんなネクタイをしているので、蝶ネクタイではなく普通のネクタイのタイプの宮ちゃんはどう外すのかと思ったら、ノットの部分の右にスナップついててワンタッチで外してました。いやどこ見てんだよって話だけど(笑))
なんかある方のブログでも拝見した言葉なんですが、宮舘涼太の良さがわかってはじめてすの担、みたいなことって本当かもしれないと思った夏でした。

 

11.BE CRAZY~CALL~Boogie Woogie Baby~PrincePrincess(深澤ソロ)
いやー天才。もちろんみんなみたいにかっこいいソロを見せてほしいという気持ちもあるんだけど、少なくとも私はとても楽しかったし、ふっか自身も楽しそうだったし、5人も楽しそうだったから、これはれっきとしたひとつの正解なんじゃないかな、と。いろんな声はあるんだと思うけど!!ね!!
これはJr.のオリ曲のおいしい台詞メドレーで。まずはSixTONESのビークレ!挑戦する台詞はもちろん「Are you crazy?」イントロから6人でやったから、横一列で肩組むやつとかも忠実にやってて\オイ!オイ!/って叫べたの、珍しくすの担の治安悪そうな雰囲気を引き出してて楽しかった~!!で、台詞言った瞬間、Love-tuneの『CALL』のイントロに。安井くんの「Oh my god!!」までのあのイントロ、ふっかを中心に据えて5人がまわりをぐるぐる走る!(笑) 私はその記憶なかったけどレポ見たら、みんな口々に「がんばれ!!」って言ってたらしく、6人まるっとかわいいかよ...( ˘ω˘ )みたいな(笑) 初日とかは真面目にやってたかもですが、私が見たのはおちゃらけver.で、すっごく高い声で言いながら超反ってておもしろかった( *´艸`) 5人もニヤニヤしながら待ち構えてて聴いて笑ってるし(笑)
そこからBWBの間奏へ。タットでいいのかな?、腰落として手で次々に形つくる部分やって、ひーちゃんの「Are you ready,C'mon」をふっかが。これはかっこつけてたしかっこよかった!!からのプリプリですよ!!しかもだてなべふかで!!スタンドマイクで!!Cメロから。だてなべがマイク斜めに倒して中心に頭寄せてるの!やばない!?私本家のまだ生で聴いたことないのに!(笑) 「hold me」と♪みんなこの星のprince princess~をふっかが担当。いわちみたいにかわいく小首傾げてました( *´艸`) 結論:プリプリは正義...(笑)

 

12.君にHITOMEBORE(佐久間ソロ)
1年ぶりに聴く君米~!!ちびMCのときに「今年は真面目にかっこよくキメるから!!」っていう壮大なフリがあって...(笑) サビ前のあの台詞までは超絶かっこいいの!さっくん!!っていうかやっぱさっくんも歌上手よね。。もっと歌聴きたいなぁ。
そして台詞の前に止まってしまうさっくん。やりたいこととかっこつけるっていう約束との間で揺れていて。だてふかに叱咤され葛藤するさっくんに「さ~くまっ」とあべのおにいさん(笑)からお前らしくやれってキンブレのプレゼント。それにアドリブで「ありがとう花沢類さん!」って返すさっくんにニヤニヤが止まらない渡辺くんを私は見ていたよ...(笑) そしてさらに小栗旬のモノマネの声で話すひーちゃん(笑) ひーちゃんこういうときほんと悪ガキみたいでかわいい!!っていうかこの部分の台本さっくんが考えて演出もつけたって聞いて、ますますみやっちみたいだなって思った~。先輩からぐいぐい吸収していくの素敵です(*´ω`*)
そして「好きなんだよ!アニメ!!」から6人でヲタ芸。団体芸をガチでやる(からこそ面白い)SnowMan好きです。もうしばらく本家の君米見てないから、私の中ではヲタ芸打つ曲と化しています(笑)

 

13.Going!
『Going!』どこかでやってたなと思ったら、少クラの生放送ですね!先日何気なく発見してびっくりしました(笑)
『Going!』はサビの歌詞がとにかく好きです。SnowManに似合うなって。♪力の限り走る君が世界の壁を壊してく、が特に。汗だくでまっすぐ歌われたら、胸に刺さるというか。あんなにさっきまでわちゃわちゃしてたのにずるい。真剣に歌うんだもん。

 

MC
事細かに書くのはキリがないので、一人ずつ総括!!
ひーちゃん→相変わらず幼女!!(笑) でも渡辺くんに「俺らは何番目なんですか!?」ってキレたのは超GJでした(笑) めんどくさいところがこんなところでナイスパスになるとは(笑) 直後に書いた記事にも書いたけど、ひーちゃんが楽しんでいる姿が私の楽しさなので、これからも変わらずいてほしいです(´-`*)
ふっか→今回の回し役はふっか!っていうかそういうスタイルにまとまったのかな?ふっかの回しは心地よくて本当に好きです。盛り上げようというあまり「ひらがなサイコーーーー!!!!」という謎の煽りが生まれていたけれど(笑) この夏はMC中心にふっかしんどいをいろんな人に患わせていたみたいで頼れる最年長だなと思います。
渡辺くん→「SnowManのことは宇宙一好き」って言ったこと、忘れないから、私。...重いか(笑) でもケンティーのソロコンについて、本人的にもたまには甘い言葉言ったり、アイドルっぽいことしてみようって思ってくれたみたいで、そういうの聴きたいなって思っていたこちらとしては嬉しい限りなんですよ。。だから私的には大収穫のMCでした。
宮ちゃん→何の流れだったか、宮ちゃんが実は(でもないか←)台本の漢字で読めないのがあるといつも阿部に聞いてるって言っててかわいかった(´艸`*)(それをフォローするための「ひらがなサイコー」でした(笑))ちょっとすっとこどっこいって言われる所以が垣間見えた気がして楽しかったです!
さっくん→いやー、、MC部分のさっくんマジで記憶にない。。ごめんなさい(/_;) でも、誰かが言ったことにめっちゃウケたりする姿は残ってて。さっくんがすごい変な姿勢になったりしながら爆笑している姿が私は好きです。今回はハラハラしちゃう佐久間ずれてるいじりもなかった気がするしね!
阿部ちゃん→最近あざといからイラっとするってふっかをはじめメンバーに言われていた阿部ちゃん(笑) でも私はあざとい阿部ちゃんが好きです!!いや、なんだかんだ小悪魔系だよ阿部ちゃんは絶対!!そして、悪気なく頭がいい感じのことをぶっこんでしまうところも好き!!あとは阿部ちゃんも本当に楽しそうに笑うよね!!そこも好き!!

 

14.FIRE!!!(岩本・深澤)
いわふかFIRE!!! ペア?シンメ?で曲やってくれーって思ってたけど、まさかいわふかでまさかこんな王道が見れるとは...!!衣装もひーちゃんが赤、ふっかが黒で。あれは本人たちから下りてきたのかな?JOURNEYコン久々に見たくなった!!
ひーちゃんはこういう曲のイメージあったけど、ふっかがみんな言っているように英語がめちゃくちゃカタカナで、でもふっかだから許せる!腕組みもやってたけど、ちょっとぎこちなくて推せた!← そしてアウトロでガシガシ踊ってたふっかがかっこよかったです。

 

15.春夏秋冬(渡辺・宮舘・佐久間・阿部)
いやーーーしんどいやつよ、これ。クリエのときは終わったあとしばらく『Flamingo』を拗らせたけど、今回はこの曲でした。(あと『ERO』ね...(笑))
まず衣装が最高でしょ??実質この曲でしか着ていないとも言える白上下スーツね。やっぱりかっこよく見えるわけですよ。...もちろん他の衣装でもかっこいいけども!!(笑)
そしてすの担さんがよくつぶやいているの見かけましたが、私も例に漏れず言わせてほしい...♪軽い始まりだったけど割と長かったね という1番の歌いだしのパートを渡辺翔太さんに歌わせたのが天才でした。。1A,Bは渡辺→宮舘→阿部→佐久間の順だったかな?バルコとメンステの四辺に一人ずつ分かれて立ってて、渡辺くんが最初メンステで真っ正面だったからずっと渡辺くんを見てしまっていた故、そのへんの記憶が曖昧です(*_ _)
で!春夏秋冬ごとの部分!春は宮ちゃん、夏はさっくん、秋は渡辺くん、冬は阿部ちゃんで。まずレポの歌割り見て、生まれた季節ごとじゃん!!ってことに気づき。そしてここのパートのときは阿部ちゃんがメンステにいて、♪手をつないで怖くなかった永遠を誓ったあの冬 って歌ってて!!マイク持ってない手を大切そうに胸の前で握りしめて歌う阿部ちゃん(>_<) それ見ただけで私まで超感情移入してしまった。。切なかったなぁ。

最後は全員メンステに集まって終わり。もう記憶はひどくおぼろげだけどとってもよかった。。今、この年齢のSnowManにしか歌えない『春夏秋冬』になっていたように感じて。素敵でした。

 

16.浮世艶姿桜
いや天才かよ!!やろうって提案した人出てきなさいほんとに!!!!『浮世艶姿桜』でペンラが触れる喜びよ。まじで。
そして、だてなべ→あべさく→いわふか→ALLって順で出てこようって決めた人も出てきなさいーーーー!!!最高かよ本当に。もうあの短い短いイントロ(?)が終わって、だてなべだけになったステージ上で二人が♪咲き乱れて花と散れば~って歌いだしたときの鳥肌がもう!!しかも当然のようにこの二人全然絡まないの!!基本背中合わせなの!!はいはいそれでこそだてなべすぎる案件。1番A,Bメロがだてなべでずっとユニゾンでした。
そしてお次、1番サビ~Cメロはあべさく。あべさくはだてなべとは正反対で、よく向かい合うし、なんなら互いの目を直視したまま歌うし微笑み合う!よくできるなぁと生で見て思った← あべさくは交互に歌ってたところもあって、もちろんさっくんが健くんパートでした!(そのはず。ちょっと自信ない。。) で、あべさくの部分最後の♪夢~でお互いに向かって手を伸ばすんだけど触れるギリギリのところで届かないんだよなぁ...。なんてドラマチック。。
で!♪泡沫の浮世さえ~で出てくるいわふか。私は2016の歌舞伎の浮世のひーちゃんの踊り方がすごく好きなのでガン見してました← 振付は同じだけど、1年経って進化したのか、メインとして踊ることとバックとして踊ることの差異をあえてつけてるのか私にはわからないけど、ちょっと印象が違った気がしました。
最後にアウトロで6人揃ってあの振付。圧巻。アウトロはみんなのこと平等に見ようと思って見てたけど、さっくんがやっぱり視線泥棒でした(*ノωノ) まともに見たら食らってしまうと思っていつもさっくんの本気ダンス見るとき薄目になってしまうから、次の機会こそガッツリ見たいと思います!!(毎回言ってる気がする(笑))

 

17.Boogie Woogie Baby
BWBは歌舞伎とクリエでも見てるはずなんだけど、歌詞とか歌割りとかすべてを把握した上で見たのは初めてで。最初の渡辺くんの♪C'mon let's go~も最高だったし、今度はちゃんとひーちゃんの(笑)「Are you ready,C'mon」も最高だったなぁ。サビはわりと足捌きが激しいから、足音まで聞こえて得した気分だった~!鳥ダンスしたかったけど、まああの密度じゃ無理よね(笑)
鳥ダンスで横一列になったときからずっと渡辺くん下手の方に顔向けてて(ふつうは身体も顔も上手側)、何だろうと思ってたら横一列をカウントずれで崩していくタイミングをうかがってたらしい(笑) ひーちゃんとアイコンタクト指摘でもされたかな?ちなみに後日少クラ見たら少クラのときもおそらく渡辺くんがカウントずれ失敗しててさっくんと同じになってた...( ˘ω˘ ) もはやいつから...?(笑) しっかりーーー!!!

 

18.Flamingo
クリエ後に個人的にだいぶ拗らせた『Flamingo』!!絶対いつか少クラでやってほしい...!!
やっぱりさっくんの歌声が好きで。♪関心のない素振りして~伝えられないまま、までがさっくんパートで、そこは振付も好きで。5人がこちらに背を向けて右手を振るのがめっちゃ切なくて好きで。背中で語れる大人の男たちかっこいい。。からのふっかの低音Rapだもんなぁ~
サビのフラミンゴっぽいポーズはひーちゃんがフラミンゴの生態を調べてつくったんだもんねぇ(*´ω`*)...って子ども扱いしちゃいがちだけど2か月ぶりに見てもかっこよかった!!こういう曲できるの武器にしていってほしいな!

 

19.In The Name Of Love~誓い

恋チュンのイントロのおにぎり~の振付に似ていると言われていたこの部分、何気なく見ていたらふとピンときてしまって。あまりの衝撃に完全に地蔵になって思考停止してしまいました。なんとなくここでその括弧をつくる動きっていうのは合ってる気がしてて、でもなんでそう感じるのか説明がつかなくて。(自分の感情に何か正当な根拠を見出したいタチの人間なのです...) ふとその状態に答えが見つかったような気持ちで。...ってこれは私の個人的な解釈なので、振付をしたひーちゃんに話を聞いたらまったくちがう答えがくるのかもしれませんが(笑) でもフラミンゴの生態の件にしても、ひーちゃんの歌詞に忠実でありたいという振付のあり方とか、それとともにどのひーちゃん振付のオリ曲にもこちらが真似できるキャッチ―な動きをいれてくれるところとか、あらためてすごく好きだなって思いました。

そんなこんなでパフォの記憶がぶっ飛んでますが、♪仮面に隠した~からのところは歌うメンバーが縦に重なって歌っていくとこも、♪眠れぬ白夜も の振付も、Cメロのだてなべのかけあいも、相変わらず全部全部好きでした!!

 

ここで本厄トリオ(いわあべだて)の怖い話と、後厄トリオ(ふかなべさく)のコントが入り...(笑) 唐突だったけど私は結構好きな時間でした。なんか素っぽくて( *´艸`)

この回では、宮ちゃんのヘッドセットのマイクが汗で水没しちゃって、ロボットみたいなくぐもった声しか出なくなってて(笑)、それでロボットとして振る舞いはじめる宮ちゃんも、それに乗っかるいわあべもみんな機転が最高でした!!

 

20.SUMMER NUDE'13

コントのあと6人が舞台上にそろって、「暑いな~」「脱ぎたくなっちゃったな~」みたいな小芝居(笑)がはじまり...。セトリ事前に見てはいたんですけど、曲順とかまでは記憶してなかったので、一瞬このくだりで、え!?闇突きとかBTNとかくるんだっけ!?って思ってしまいました←

からの『SUMMER NUDE'13』!サビが宮ちゃんセンターで新鮮だった!!シンメを縦に配置する珍しいフォーメも好きだったなぁ。この曲もひーちゃんの振付。♪はしゃぎすぎてる~のとこで、わちゃわちゃする感じのかわいい振付だったのがすごく印象的で、ほんと振り幅がえぐい!!(笑) 横一列になったらひーちゃん隣の阿部ちゃんにセクハラしてるしね(*ノωノ) あ!あとは忘れてはならない♪小さな肩~\カタカタカタカタ!/ね(笑) かわいいSnowMan満載!!

正直この曲を6人で歌う!?って思ってたけどとっても素敵でした!

 

21.Summer Splash!

イントロの「サマ――――スプラーーーーッシュ!!!」はなかったけど(笑)、夏だーって思った。そもそも好きな曲だから嬉しかった!!Rapをソロでつないでいく感じも、6人でふざけあいながら下手→上手に移動していくのも、見ているだけで、あぁSnowMan好きだなって感じる素敵な時間で。ちょっと嵐っぽくもあったかもしれないな、なんて。

でも、♪咲き誇って~からの部分はしっかり切なくて。TLで目にしたお言葉なんですが、夏うたメドレーだけど、ただ楽しいだけじゃなくて、こういう切なさを不意に放り込んでくる彼らのセンスがめちゃくちゃ信用できるなって思いました。

サビの手振りもできたし楽しかった!オリジナルのままにしておいてくれてありがとう!!

 

22.Summer上々!!

再びバルコ曲。サマ上がないと夏じゃないから!!ほんとに!!去年のすのらぶのサマステもだけど、お手振りしてたと思ったら突然しゃかりきにサビ踊り始めたり、いろんな顔が見られて面白かった!

こういう突然の謎テンション好き!男子感\(^o^)/ほくじゅりとの絡みもあったと思います!記憶に自信はないです!!← 最後の♪ダーイブ!!の上ハモはさっくんかな?なんかそんな気がした。よい。

 

23.Shower Gate

シャワゲもバルコだったから、わぁーっていろんなとこ見てて記憶が曖昧だけど、下手側のバルコで後ろからさっくんに衣装のシャツ脱がされそうになってた(っていうかボタンいくつか外されてた?)渡辺くんは見ました( ˘ω˘ ) さっくんいいぞ、もっとやれください!!(笑) 上手側は誰かが追いかけっこしてた気がする。。

で、舞台上に戻ってきて、サビの手振りちょっと一緒にやって、次の曲...

 

24.キ・セ・キ

クリエでいわだてなべでやったこの曲を6人で。さっきまでのわちゃわちゃからの切り替えにしびれた。今回も歌いだしはひーちゃん。ひーちゃんのこの歌いだし好きなんだよな~~。立って歌いあげられる、それで魅せられるSnowManかっこよかったなぁ。

 

25.愛はタカラモノ

SnowManの踊る『愛はタカラモノ』をこの目で見るの、実はずっとひそかな夢で。カラオケの本人映像で滝翼祭の愛タカを見た日から、もうその時点には戻ることができないけど、いつか見てみたいと思っていて。でも、タッキー&翼のFCの名義も持ってない私はその夢は到底かなわないだろうなって勝手に思っていて。だから本当に嬉しかったんです。

気付いたら舞台の奥にマンションがあって、あの愛タカのレインボーカラーのスタンドマイクがセッティングされてて。みんなが位置について、NEWSから下りてきたというジャケットを羽織って。あとはもうなんか一緒に踊れたのが本当に嬉しくって楽しくって。ひーちゃんとかふっかとかが真下にいる私たちにも、踊れてるかなって視線をくれてて。それもめっちゃあったかくて、踊ってるよ、楽しんでるよって気持ちで応えてたつもりです。届いてたかな?(笑)

 

26.Diamond

この曲はお恥ずかしながらはじめましてで。でも、愛タカのあったかい雰囲気とはまた打って変わって、ギラついたSnowManが見られて。あのマンションの狭い一室でガシガシ踊る彼らがとってもかっこよくて。で、最後にマンションから出てきて横一列(だったと思う)に並ぶ彼らの頭上に赤く光る3連のダイヤモンドですよ!!キントレは名前からしてセットがそういう宝石風の装飾に溢れていたけれどそこでこれ出してくるか!!っていう。ほかの公演ではどう使ったんだろう...?って思うくらい私的には大正解の演出でした。

 

27.REAL DX

リアデラはもう最高ですよ。。私はまだ、いやいやもういいからって思うほどは見てなくて、まだまだ見たい派です(笑)

イントロの\オイオイオイオイ/と「1番、2番、3番」\SnowMan!!/がまず最高だし。それをめっちゃジェスチャーで煽ってくるひーちゃんが超かわいいんです!オラついてるけど!!(笑) 「は?何それ聞こえねーし!!もっと!腹から!!声出せ!!!」って感じのを訴えかけてきます(笑) そんなん応えるしかないでしょ!ってことで、なんならちょっと身体反らしてまで私はがんばります(笑)

あとはほんとにねー、自分たちで歌ってるのにバック仕様の振付全員でやってるの本当に頭おかしくて好き(超褒めてる)。その動きしながら歌います?っていう。好き。

 

28.epilogue

『epilogue』もこの時点ではほぼサビしか知らなくって。でも、歌いだしで♪終わりを告げるベルが僕らに降り注ぐ~って始まった瞬間に、あまりにもそのときの私の心情すぎて、ひたすら聴き入ってました。1人1人をよく目に焼きつけようと思って。

で、最後のサビ前ですよ。舞台のセンターに集まってきて、半円になって内側向いて歌うんですよ。♪今日というこの一瞬を 今までの涙を すべてを抱きしめよう 僕らのすべてを、って。みんな思い思いに。大切に抱きしめるように、晴れやかな表情で、瞳を閉じて、視線を交わしながら。

今までのこととか全然知らない、まだまだすの担2年生の駆け出しの小娘だけど、すごく感じ入ってしまったし、そんな彼らのアイドルとしての1ページに、今日のこのコンサートも刻まれていくんだなってあらためて思ったらもう...泣きそうでした。ありがとうって心の中で唱えながら見つめていました。

そして、アウトロが流れる中、セットの階段をシンメずつ上っていって。だてなべ→あべさく→いわふかの順で。6人揃ったら阿部ちゃんが代表であいさつ。ここが阿部ちゃんが代表だったのもなんか新鮮でいいなって思いました。

曲中から白い紙吹雪が降ってきてて雪みたいで。それがよけいにデビュー組のコンサートのエンディングっぽさを引き立てていたのかなと思います。きれいな景色だったよ、こっちから見ても。もちろん、そっちから見えてる、6人しか見えない景色の方がもっともっときれいなんだろうけどね!

 

で、エンドロール。

すの日常の名前のロゴ?みたいなのが順に流れていって、最後にふっか先生とすのの集合写真で締めっていう(笑)

 

EN1.ひと夏の...

この曲もほぼはじめましてで、とりあえずテンションがぶちあがる曲だっていう認識はあって。セットの高いところで歌っていたんだけど、阿部ちゃんがサビでめっちゃジャンプしてて超楽しそうだった!!っていうか真下から見てるとそのくらい跳んでくれないと見えない!!(笑) でも楽しかったから良し!!!

 

EN2.Lucky Man

これに尽きる。っていうのは冗談として(笑) もともと私自身が『Lucky Man』大好きなので、Rapから全部口パクしてて、確か♪Honey 甘い汁を吸いたきゃ俺に、くらいまでに目が合って笑顔もらってからの♪ついてきな、で、ついていきます~~!!!ってなったの(笑) ちょろすぎる(笑)

あとはGet!Get!Get!のところでポケGOのボール投げる動きしてたひーちゃんのイメージが強い。やってないくせにね~(笑) ひーちゃん見てしまいがちだった『Lucky Man』でした(*ノωノ)

 

最後の挨拶は、まず阿部ちゃんに「お前ら今幸せかーー?」って聞かれて、答えたら「その気持ち忘れんなーーー!!」って返してきて。珍しいオラオラ阿部ちゃんと、交わしたやりとりのエモさに泣き笑いの気分でした。

さっくんとは「みんな楽しかったでやんすかーー??」\イエ―――イ!!/「なら良し!!」ができた!

宮ちゃんは「みんなのタカラモノは何だーー??」って投げかけてきて、こちらがみんな寸分の迷いもなく\SnowMan!!!/って返したら、「俺はお前らだよ」ってめっちゃいい声で言ってきて!!迷わずためらわずタカラモノはSnowManって答えられた自分自身にもなんかグッときてしまったし、当たり前のようにタカラモノだよって伝えてくれる宮ちゃんにも、照れるけど(笑)、素直に嬉しいなって思えました。

ひーちゃんは「これからも僕たちについてきてください」と。それはもちろん!ね。そのあと「あとみんな、思っているよりも汗をかいているから、ちゃんとこまめに水分と塩分補給するんだよ」って言ってきて優しさと幼女みにやられました(笑)

で、ふっかは回し役だったから、最後は翔太ねってなって。もうほんとに締めとか慣れてないから渡辺くん(笑)、超絶テンパってたけど、こんなに汗かいたのって背中見せたりなんだりみんなに助けられながら締めてたと思う。。確か。。いやーふっかサポートありがとう(*_ _)

捌け際はみんな投げキッスとかしてて、最後一旦見えなくなったふっかが戻ってきて「愛してるよ」って割と真面目に言ってきて軽率に惚れましたとさ!!← あれはずるすぎだわ。

 

 

...はい、とっても長くなりましたが終わりです!!

単独のコンサートがあるたびに、セトリがどうこうみたいないろんな声を見聞きするんですが、私は今回のこの公演とっても好きです。長い間彼らを応援しているファンのみなさんからしてみたら、バックでやってたような曲からは一旦脱してみようよっていうのはわかるんですが、私は本当にタキツバコンのバックのSnowManを見たことがないので、最後の怒濤のタキツバコンかよっていう流れはありがたくて。今だから言えることで、見てた時は夢にも思わなかったけど、活動休止の話がどこかにあってのことだったのかは私たちにはわかりようがないけど。でも、SnowManのみんなの確かなリスペクトの気持ちを感じ取れる素敵なセトリだったと思います。

あとは、ソロやってくれて、紹介Rapやってくれて、ありがとう!!SnowManのコンサートに来たんだなってすっごく思った。幸せだった。いつか、ひーちゃんは『STEP BY STEP』を、渡辺くんは『FORM』を、ふっかは『ALIVE』をやってみせてね!(でも、それより前にオリジナルのソロ曲ができるのはもっと歓迎です\(^o^)/)

 

本当に、私は1年ですっかり箱推しのすの担になったんだなっていうのを感じたコンサートでした。ケンティーソロから、すのーんず合同まで駆け抜けた夏の盛り、本当にお疲れさまでした!!私がうかうかしている間に『少年たち』が始まって、オリジナル曲を2曲もいただいているようだし、日生からLIVEで全国をまわって松竹まで、長丁場ですが、スタッフさん含めて怪我なく事故なく、たくさんのものを得て、たくさんのファンのみなさんの笑顔に触れる、実り多い秋になることを願っています!

 

そしていつの間にか発表された湾岸LIVE(仮)!!(笑) すごい倍率っぽいから当然外れたけど、冬に単独ができるからどんなセトリで来るか、お家で楽しみに待ってます!!(でも12/3は私事ながら21歳の誕生日なので落ちたのはもう少し根に持ちます...(笑))

ということで、私が年内にSnowManを見られるのは日生の『少年たち』が最後なので、悔いのないように焼きつけてきたいと思います!!

長々とお付き合いありがとうございました!!

5Stars 5Years!!!!! (えび55コン 8/8横アリ感想)

こんばんは!クリエぶりの更新です!!あっという間に夏になってましたね!!

ということで、タイトル通り、先日A.B.C-Zの5Stars 5Years Tourの横浜アリーナ初日に行ってきたのでその感想を書きます!!

ツアーはまだまだ続くので、ネタバレしたくない方は写真の下からは見ないようにお願いします<(_ _)>

 

f:id:blan9-reine:20170809005850j:plain

 

A.B.C-Zとしては初の横浜アリーナ!!広いねって言ってました。

私もジャニーズのコンサートで横アリに入るのは初めてで。席は、スタンド西のほぼセンターですぐ後ろの列からは照明の足場が組んであってそのブロックでは実質最後列(通路の後ろ2列目)でした!クリエが直近の箱だったので遠い~と思ったけど、アリーナだから当たり前でしたね(笑) 欲を言うと、センステくらいの位置のどこかにモニターが欲しかったです...!

 

1.Reboot!!!

イントロが鳴った瞬間に、2月のハイタッチ会のことと、バックについていたSnowManのことを思い出して。一瞬だけEXに思いをはせましたが、すぐ戻ってきました(笑)パフォーマンスがやっぱりすごくて、私からしたらReboot!!!以前も十分すごかったけれど、パンフでみんな口々に「Reboot!!!からパフォーマンスが変わった」みたいなことを言っていて、そうなんだなぁと思いました。あそこまでできていてさらにその境地か!みたいな。一曲まるまる5人だったけど、全然負けてなかったです。

あ、はしふみ、とつごのペアでリフトやるところ、なぜかはしちゃんが河合くんお姫様抱っこになっててかわいかったです(*ノωノ)

 

2.Take a "5" Train

去年初めて観たSLTコンのオープニングで、この日もちょうど家を出るときに聴いていて、やっぱりワクワクするから大好きだなって思っていたら!2曲目でした!!今年も歌ってくれてありがとう。ここからJr.も一緒に。センステでえびとLove-tuneのみんなで電車ごっこみたいな振付やってたのよかったです~。

 

3.ずっとLOVE

ずっらぶ!去年SLTで、新規すぎて手振りの存在を知らずにとても焦った曲!!(笑) 今年はリベンジできました\(^o^)/

アリサマのDVD観て以来、この曲の振付がとても好きな私は、あーお手振り曲か...と一瞬がっかりしたんですが!!バクステでラスサビ踊ってくれてうれしかったです。

 

4.Walking on Clouds

ウォキクラも手振りある曲で、Jr.くんたちがとても楽しそうでいいな~と思いました。特に♪未来へ~歩いていくの動きのとこね!( *´艸`)

 

5.SPACE TRAVELERS・5Rings・In The Name Of Love~誓い~・SPACE TRAVELERS

何風って言えばいいんだろう...EDM風??とにかくアレンジされた3曲のメドレー。雰囲気がガラッと変わる感じ。トランポリン使ったり、キューブ使ったり、アルバムのコンセプトの体現かなって思いながら見てました。いろんなパフォーマンスに挑戦していく感じのコーナー。スタイリッシュでかっこよかった!

 

6.YOU ARE A FLYER

手を左右に振ってね~という塚ちゃんの言葉からスタート。こういう曲の会場の一体感ってとっても気持ちいいなと思いました。えび担さんみんな言われたらすぐやる(できちゃう)から!!(笑)

 

7.Dolphin(戸塚ソロ)

らぶバンド(Dr.萩谷、Gt.真田、Ba.森田、Key.長妻)と一緒に、ギター持ったとっつー。映像が凝ってて綺麗だった。ちゃんと歌詞を読まずにコンサートを迎えたから、モニターに出てくる歌詞を見ていちいちグッときてしまった...。

私の解釈ではこういうことになってます。

曲中の台詞はどうなるんだろうって思ってたけど、あまりにも自然に入ってきて、これはとっつーにしかできないことだなぁと感じていました。さっきまでの王道のジャニーズのコンサート感はすっとなりをひそめて、とっつーの世界に引き込まれて。かっこよかったなぁ。

 

8.OTAGAI☆SUMMER! (河合ソロ)

車に乗り込んでキメッキメの映像(五関くん友情出演)から始まるんですけど、もうその映像がとってもかっこよくて、はやくDVDほしい!!ってなりました(笑)

1サビからはバックを従えて踊ってて、やっぱり踊るのが好き、楽しいって言っていた河合くんを思い出して、嬉しくなりながら見ていました。やっぱりYOUかっこいい河合だよ...( ˘ω˘ )

Microさんが観に来てくれていたので緊張したとのことでした!そしてなぜか塚ちゃんはMicroさんが入れてくれた仮歌音源を持ってるらしい(笑) かっこいいんだって~。

あと、MCではしちゃんが「この曲かっこいいよね~ドライブしながら口ずさんじゃうときあるもん」って言ってて河合くんが喜んでました(*‘∀‘) 私もそれ聞いて嬉しかったなぁ。だって、えびの曲は『世界一』と『Naturally』しか聴かない!って言ってたはしちゃんだもんね~。

 

9.Endless Summer Magic

このときのみんな違う柄物の衣装かわいかったなぁ!!ひとりひとりよく見たかった!!この曲好きなんですよね~。もうちょい後ろにくるかなと思ったけどこの位置か、と。

ミッションコーナーがあって、今回は「曲中にローラースケートを履く」!!怪我とかあるかもしれないから!と言う塚ちゃんを説き伏せ、ルーレット係の安井くんとCO2係の美勇人が登場して当たったのは塚ちゃん(笑) そして今回は特別にもう一人って言ってもう一人は五関くん。五関くん、当たった瞬間寝転がってやだやだーー!!って小さな子みたいにダダこねてたけど、美勇人が容赦なくCO2噴射してて笑ったし、五関くん寝てるからちょっと害虫駆除みたいな絵面だなとか思ってしまった。。ごめんなさい<(_ _)>(笑)

 

10.Summer上々!!

みんな大好きサマ上!!(って私は思ってる) 一緒に踊れて楽しい!!

一列になるところ、なんか番号誰か間違えたのかすごい狭いところと余裕あるところあったから確認して...と言いたくなってしまった(笑)(何様だよ)

最後の指差しポーズが次へのVTRへの振りになってたのよかった。

 

11.アツあつ!? 夏フェス☆!!~Delicious (塚リカコーナー)

私、リカちゃんの現場初めてだったんですよ...。いやあ、かわいい。すごく女の子だった。筋肉隆々なのに。かわいい~って一人で譫言のようにつぶやいてました。。

噂のYellow Muscle Girlsもかわいかった!!キャシーの顕嵐ちゃんは思ってたよりもノリノリで踊りも女子仕様でちゃんとやってて意外だった(゜-゜)!! レイチェルのながつはなんか色っぽくてずるい。普通に美人でずるい。(顕嵐もね!)そしてマリリンさなぴーは声色までCDの音源再現しててさすがだった!「あなたに向かって咲き誇るー!!」だった。でも踊りは男臭かった...(笑) ジェシカの萩ちゃんはシャイで声が小さい(笑) 自己紹介したあと、マリリンに声張って!みたいなこと言われてた。そしてS担当の鈴木ことモロちゃん...。私のまわりは鈴木!?wwwみたいになってておいしかったよ!!モロちゃんも意外とかわいく踊ってた印象。

曲自体はコンサート仕様に順番組み変わってたりしてました。hyde関様はなんかもうすごい。すごい。(大事なことだから二回言う)あと、お祭り動画の曲は河合くんが、セクシーサイトの曲ははしちゃんが歌っていて、面白いなと思いました。友情出演のオンパレードです。

で、リカちゃんのポールダンスソロがあるんですけど、あれは完全に女性。。すごい綺麗でセクシーで本格的。。客席もフゥ―――!!とおおーー!!が半々、みたいな。コーナー通してだけど、歓声が多様で異様。

で、謎のリカの彼氏の座争奪戦になり、五関くんがおもむろに♪もしもひとつだけ願いが~って歌いだすのほんとにもう!!!応援屋!!!桂馬さん!!!みたいな。私今Deliciousでペンラ振れてる!!という感動。塚ちゃんver.もありますよ~!

 

12.Moonlight Walker

MW、最初板付でメンカラのサスがあたるんですけど、とっつーたぶんバミリひとつ上手にズレちゃってて、あれ!?誰もいない!?ってなっちゃってました(笑) 出とちりとか間に合わなかったとかかと思ってびっくりしたけど明るくなったらちゃんといて安心。

「What's your name?」の河合くんはひたすらイケメててよかった~。ちゃんと捨てられずに抜かれてたね( ;∀;)

えびはシングルのオリジナル衣装、バックのらぶは黒ハットに黒スーツでかっこよかったです!!

 

MC

えびのMCは穏やかで楽しい。見学に来ていた聡ちゃんとのお話タイムもありました。聡ちゃん、デビュー5周年おめでとうございますといつもお世話になってますを本当に何回も伝えてくれていて、とってもいい子だった。。ずっと前のめりで見てくれていました。

デルサタでお世話になっているよゐこの濱口さんと、ちゃんずーでお世話になっているドランクドラゴンの拓さんも観にいらしてて、関係者席で2つだけ並びでペンラが光ってるところがあるなぁと思って気になっていたらお二人で。ずっとランダムモードでつけてくれていて、ソロ曲のときはメンカラにしてくれていました(>_<)

千穐楽迎えたばかりのデストラップカンパニーのみなさまもいらしていたみたいですね!!

MCの中身はいろいろあったけど割愛します<(_ _)> あ、最後にLove-tune呼び込んでZeppの話してくれてました!

 

13.Jr.コーナー/CALL (Love-tune)

なんか少クラでたくさん見てるから当たり前のように見てたけど、生でCALL見るの初めてだったなぁと今気づきました(笑)

安井くんのオーマイガッ!から始まる色気も、萩ちゃんのかっこいいドラムも、さなぴーの熱いギターも、美勇人の歌声も(上手くなってた気がした!!)、あらんの相変わらずの帝王感も、モロちゃんの爆発力も、ながつの大人っぽさとか存在感とかいろんな面での成長ぶりもしっかり焼きつけました。Love-tune Live、申し込んだけど行けるといいな!あらためてZepp単独おめでとうございます!!

 

14.Glory Days

歌だけで聞かせるナンバー。ハモリとかも綺麗だったなぁ。

衣装がなんか珍しい感じのだった。紺のスーツに水色のシャツでみんなおんなじ、みたいな。

 

15.Lily-White

赤シャツと赤パンツの衣装にチェンジ。写真集の赤い衣装みたいな感じ!

センステで五人で踊り始めて、なんかもう記憶が曖昧なんですけど、1サビかな?のタイミングでなんとふぉ~ゆ~登場(ノД`)・゜・。最初、正直よく見えてなくて、らぶがちょっとずつ出てくるのかなとか思って見てたら、どうやら歓声の上がり方がおかしくてよく見たらみんなでかいし福ちゃんおる!!って認識した瞬間に頭の中が真っ白にはじけ飛んだ感じになり...。緊張以外でびっくりして頭真っ白になったの生まれて初めてでした....(゜-゜)

らぶも2サビくらい?から横花道に出てきてくれてたけど、なんかもう正直ふぉ~ゆ~というかもはや福ちゃんしか見てなかった。ごめんなさい。振付した人がめっちゃしゃかりきに踊ってるのなんかもう貴重すぎて。福ちゃんと隣り合ったとっつーが超シンクロしてて、TLであれは遅取りの人の振付だからとっつーにしっくりくるっていうのを目にしたのの合点がいきました。合わせようと思っても無理なくらい合ってた2人。

贅沢なことにふぉ~ゆ~は1曲のみの登場だったので紹介があって、GACHIの宣伝とかしていってくれました。他のときは見学席にいたみたいね!!振付は福ちゃんって紹介されて土下座してた福ちゃん(笑) どうか映像化の暁にはメイキングにいれてください!!<(_ _)>

 

16.Whippy

赤のロングジャケットを羽織ってWhippy!!スタンドマイクでしたね。

センステのサークルステージが上がるんですが、その下で踊っていた安井くん、イントロの振付ぼろぼろだったの見えてたよ(^ω^)って感じでしたが、なんとかごまかしながら踊ってたからそれもそれですごいなと思いました(笑) 映画撮影もキントレもあって、忙しいもんね。。お疲れさまです(>_<)

 

17.Fantastic Ride

♪So fantastic Just like magic So fantasticって流れた瞬間の横アリの沸き方が、一年前にはきっと本人たちは予想してなかっただろうなぁと。さすが非公式のえび楽曲大賞のグランプリだけある。。SLTのこともえび座のこともハシツアのことも思い出しました。

 

18.今日もグッジョブ!!!

グッジョブも大好きな曲。去年の夏は毎朝ひたすら聴いてました。他の曲もそうだけど、みんな踊れー!!的な煽りに即対応できるえび担さんたちすごいですよね(笑) でも踊れる曲あるとやっぱり楽しいなって思います。(見るの疎かになっちゃうんですけど...←)

 

19.Mr.Dream (五関ソロ)

五関くんのシルエットが見えた!と思ったら背中に大きな翼が生えて、おぉーって声がいろんなところから漏れてました。神々しいことこの上ない。。

1番は羽がついたジャケット?ガウン?羽織って一人で、2番はそれを脱いでらぶのみんなと。ガシガシ踊っててかっこよかったです。あと、この曲歌う五関くんの歌声を聴いて、五関くんの歌声好きだなって思いました。高音がよく伸びる、綺麗な声だなぁって。そしてあの振付でもぶれない。惚れ惚れしながら見てました。あとペンラの海、どのソロもほぼメンカラ一色だったけど、青とっても綺麗だったなと思います。

 

20.Fire in Love

絶対かっこいいダンス曲になると思ってたけど本当にかっこよかった...(/ω\) 炎の特効とか炎を模した映像とか、演出も凝ってました。あれは五関くんの振付なのかな?

あ、♪その唇~のところの五関くんがやばいっていうのを目にしてたんですが、この日も抜かれてて案の定やばかったです!(笑)

 

21.花言葉

花言葉もイントロかかった瞬間の歓声がすごかったイメージ。Fire in Loveが圧巻で終わったから余計に。はしちゃんの「愛してるよ」も相変わらずの破壊力で( ˘ω˘ )

でも、そこから間髪入れずにとっつーからみんな歌って!とのお達しが。モニターに大きめに歌詞が出るので親切。完全に私たちファンパートでえびのみんなは歌わないので(笑)、今から入る方がいたら思いっきり歌ってきてください~。

で、はしちゃんが次のソロに備えてはけるので、最後の「幸せになろう」は今回は河合くんでした!ばっちりかっこよくキマってたんですが、本人は照れたのか「ちょっと外しちゃった」って言ってたけど、ちゃんとかっこよかったから!安心してください!!

幸せになろうガチャは会場ごとなんでしょうか?河合くんがちゃんとキメてくれたので(笑)、みんなかっこよくやってくれるんだろうなと思います( *´艸`)

 

22.Love To Love You (橋本ソロ)

せりあがっていくセンステに佇むはしちゃん。 モニターがセピアになっててお洒落。1番は一人で歌いあげる感じで。横アリで完全ソロのはしちゃんかっこよかったなぁ。2番からはらぶを引き連れて踊って。ラストのサビでモニターの世界が色づく演出も素敵でした。ソロコンも楽しみだ~!!

 

23.ドキナツ2017

ダンシング五関先生の振付講座を事前に見るのを逃して、TL上にあがっていたイラストを見て振り入れをしていったんですが、一応イントロとサビだけ練習VTRあります!!...だいぶ急ぎ足ですが(笑)

で、いよいよ曲が始まって、バクステには最初塚ちゃんと河合くんがいたんですが、二人ともドタッバタ!とかみんなくるよ~って感じでこっちにかけてくれていてとっても嬉しかったし、ステージ上のみんなも嬉しそうでとっても幸せな空間でした。1番の♪照れるかも~ではしちゃん抜かれてたのにポーズしてなかったのはちょっと残念だけど!!(笑) 2番の♪照れるかも~のあとは五関くんが抜かれてて超絶ぶりっ子でポーズしてて崩れ落ちたけど!五関くんのせいでそれまでノーミスだったのに2サビ入り遅れたんですけど!!(。-_-。)(笑) あれはやばかった。かわいい。

河合くんの「ドキナツしよう」はイケボver.でした!!やってくれるって信じてたよ!!私は!!

クリハルを見ていたのもあって本当に私にとっても思い入れの深い曲になりました。この夏のテーマソングです!

 

24.テレパシーOne!Two!

テレパシーもイントロ流れた瞬間のキタ!!感がすごかった。やっぱりこの曲のパフォーマンスすごい。見てるだけでワクワクする!!

\1日!1歩半!!3日で4歩半!!/はもっと叫べばよかったなぁ。ここ本当に好き( *´艸`)

 

25.A.B.C-Z LOVE

えびらぶ!!イントロでめっちゃ沸くね!!

とっつー「このあと空けとけよ?」

河合くん「俺の腰振りを見ろーーー!!!」(めっちゃ大きく腰回してる)

五関くん「わかった、抱いてやるよ」

塚ちゃん「...何撮ってんだよーー!」

はしちゃん「...おっぱい♡」

...とりあえずはしちゃん(・∀・)はしちゃん(・∀・)

私の周りは私含め笑いながら崩れ落ちてました(笑) 期待してたのと違う意味でやられた感が。。

五関くんのはめっちゃ叫んでしまった。。あれは期待してた意味であかんやつだった。。

やっぱ名前呼べるの楽しいね~。はしちゃんが言い放った時のみんなのリアクション見忘れたのが心残りでした!(笑)

 

26.Finally Over

えびらぶから生バンドだったかな?たしか。えびらぶ前かFO前に萩ちゃんめっちゃ抜かれてたスーパードラマー萩ちゃんタイムがあった。

そしてセンステの上から星形のでっかいブランコみたいなのが下りてきて(表現力のなさ)、その星の各頂点に5人が立ってて。星ごとわりと傾くからおぉ~って言いながら見てた。最後はしちゃんの高音フェイクのときに、思いっきりバクステ側に傾くから超よく見えてすごかった。

去年も思ったけどFO聴くと、はしちゃんってまじで歌上手いんだなってあらためて思う...。(ちなみに去年はこれでハシツア行きたくなりました。)さすがメインボーカル!!

 

27.僕らのこたえ~Here We Go~

大人っぽくてJazzy(?)な感じのえびも好きですが、HWGやFOのようにギラギラのえびもめっちゃ好きです。HWGはイントロからめっちゃ煽られるからすごい気持ちいい。最後にメンステに戻って、曲終わったと同時に花火の特効があって、その音がすさまじくて客席すごくびびってしまった(*_*)

 

28.Za ABC~5stars~

HWG終わって、暗くなって、Reboot!!!から歴代シングルのMVを遡っていく映像があって、あぁ来る、来る...って思いながら迎えたざえび。

1番はなんか冷静に見ていたんですが、しみじみと2番まで聴くことってあんまりなくて、はしちゃんが「こらえた涙も置いてきた夢も カタチを変えいつか 誰かに届け」って歌った瞬間になんかすごくぐわぁぁぁって上手く言い表せない気持ちになって、ひたすら歌詞をかみしめるように聴いていました。

なんかすごい曲だなって思って。これはあくまで私の解釈だけど、デビュー曲なのにお別れの歌みたいで。

こらえた涙も 置いてきた夢も

カタチを変えいつか 誰かに届け

 とか、

時代を超え 5 stars... たとえ遠く離れても...

夢集めて 5 stars... それぞれのステージで...輝いて...

とか。

もちろんGo togeZa って言ってるから、みんなで未来へ進んでいく曲なんだけど、なんだろう...再出発感があるなって思って。Reboot!!!も再起動ってことで再出発的なテーマだったけど、なんならそういうモチーフはざえびからあるんじゃん!みたいな。そしてなんか勝手に、自軍がデビュー曲でこんなん歌ったら絶対泣いてしまうなと思いました。だってみんな絶対にあるから。こらえてきた涙も、志半ばで手をはなしてしまった夢も。

ジャニーズは得てしてデビュー曲のキャッチーさと詞のメッセージ性の強さ、深さが絶妙...( ˘ω˘ ) A・RA・SHIといいSexy Zoneといい。これだからドルヲタは辞められないんだ。。

 

本編はこれで終了。

アンコールしてたら、スタンド席だったので、男性の係員さんたちがわらわらやってきて、トロッコ組み立て始まって...っていうのが見えていて、あぁこれはスタトロあるなって思って…

EN 1.Shower Gate

私がいたところは塚ちゃんと河合くんが先に来て。手を伸ばしたら届く席だったので畏れ多かったんですが手を伸ばさせていただきました(>_<) 塚ちゃんはタイミング合わなかったけど、河合くんのお手に触れさせていただきました。。なんか、全員と触れ合えるわけじゃないから、触っていいのかなって思ったんですけど、こっちに伸ばしてくれている手に応えずにはいられなかったです。。ありがとう河合くん。素敵な思い出です。

あとから五関くんとはしちゃんととっつーも来てくれて、五関くんは自分のペンラを差し出してきたからペンラにタッチしました(笑)

シャワゲも踊れて楽しかったです!ちなみにアリーナのほうではながつがファンサマシーンになってるのを見かけました( *´艸`)

あと間奏はさんでペンラ演出曲!...だったよね?今回はないのかなぁって思ってたから嬉しかった!

 

EN 2.Revolution

なんかもうすごい楽しくなっちゃってて私が(笑)、ペンラはランダムのまま振ってました。wow wow wowとかめっちゃ叫んだ!!

 

挨拶

とっつー→塚ちゃん→五関くん→河合くん→はしちゃん、の順だったかな?とっつーのあいさつが本当に素敵で、泣きそうになりました。どんな感じだったか、あやふやだけど記録しておきます。

「みんな今日を楽しみにしてたー?俺も楽しみにしてたよ。みんなには負けるかもしれないけれど、めちゃくちゃ楽しみにしてました!!俺は、ショーを作ることしかできない。これからもそれしかできない。だから、ショーに命をかけます。みんなが好き!4人が好き!!それだけ!!Nothing!! (あ、ジャニーさんも好き!)」

最初、ショーを作ることしかできないって聞いたときに、そんなことないよってそんなに悲観的にならないでって思ったんだけど、それしかできないから命をかけますって言われた瞬間に、あぁ悲観的になってるわけじゃないんだって思って。みんな、あの業界で生きている人たちは根底にはそういう気持ちをもってやっているんだと思うし、それを見せることが美徳だと言いたいわけではないけれど、言葉にしてくれると嬉しいものだなと思いました。ショーを作ること、これだけ多くの人に愛されること、そういう存在として選ばれることは決してすべての人に与えられているチャンスではないから。どんなにその人が望んでも、その機会は与えられないことのほうが多いから。だから、嬉しかったんだと思います。こちら側からあちら側に一度憧れた人間として。

塚ちゃんも素敵なことを言ってくれました。「デビューする前から応援してくれている人、最近僕たちのことを見つけて今日来てくれた人、いろいろな人がこうやって同じ時間を共有できているのが嬉しいです。」そんなようなことを言ってくれて。私はジャニーズ応援歴は全然長くないから、そういってくれることが本当に嬉しかったです。

五関くん、河合くん、はしちゃんは来年もコンサートやろうねって話をしてくれました。五関くんが来年も来るって約束して!みたいなことをお願いしていて、なんかもう絶対行くから!!って思いました。河合くんは締めに「来年はもっとイケメンになってると思いまーす」って言ったら、次のはしちゃんの第一声が「今もイケメンだよ」で、河合くんはかっこいいんだってことにこだわる末っ子はしちゃんさすがだなって(´ー`) はしちゃんは来年も横アリで...いや、本当はドームでやりたいねって話してくれて。本当にそうだなって。それを口に出せるようになった(例年も言っていたらごめんなさい)5周年だったのかなって勝手に思って、絶対ドームでコンサートをするA.B.C-Zが見たいと思いました。

 

EN 3.サポーターズ

大阪城ホールのレポが流れてきて一番喜んだのが『サポーターズ』でした。日生では叫べなかったから。「A!B!C!からのZ!!」って。

なんかすごい泣いちゃうかもって思ってたけど、案外晴れ晴れとした気持ちで聴いていました。ずっと5人にしか視線が向いてなくて、最後の最後にメンステに目をやったらJr.がみんなで応援屋のときみたいに、応援団風にうしろに手を組んで体反らして叫んでて、そこでなんかグッときました。綺麗だったなぁ、横アリ。

 

 

そんなこんなで気づいたら1週間も経ってしまい、他の現場を挟んでしまったので、ひどくあいまいな部分が多くてスカスカな感想記事になっちゃいましたが、A.B.C-Z好きだなってあらためて思いました。

今回はなんか雰囲気違うなって先に感じて、そうしたらそうか総合演出はとっつーなんだって思って。河合くんがつくったコンサートしか知らないから、なるほどなるほどって思う部分はたくさんあって、でも、とっても楽しかったです。LOVE合戦!!私のLOVEはちゃんと届いたかな??

あ、唯一の心残りは2月からずーっと楽しみにしていた『ペルソナ・ゲーム』のパフォーマンスがまだ世に出ていないことです...(´・ω・`) いつかどこかでやってください!!絶対かっこいいから!!お願いします!!

 

次にA.B.C-Zの5人に会えるのは10月のジャニーズ伝説だと思います!(当たれ!!)

はしちゃんのパリピ☆はあるけど!(笑)

素敵な夏のはじまりをありがとうございました!!

そして、あらためて5周年おめでとうございます!!

 

それではまた日生でお会いできることを祈って...

すの担2年生になりました

こんばんは!クリエ以来の更新になります。

あっという間に夏になって、昨日はキントレのSnowMan単独に行ってきました。

その記事はあらためて書くとして、とにかく単独公演が楽しくて、SnowManへの愛を叫びたい気分なので、阿部ちゃんに「今の気持ち忘れんなよ!!」って言われたことですし(笑)、先に叫んでしまおうと思います。

(全部書いてから戻ってきたけれど、勢い先行すぎて内容がない...←)

 

 

去年、私がすのらぶ海人のサマステを見てすの担宣言をしたのが8/8のことで、ちょうどそれから1年が経って。少年たち、歌舞伎、クリエを生で観て、ジャニアイと去年のキスマイバックと今年のJr.祭りやMission:Kバックは行けていないけれど、バックのSnowManも、メインのSnowManも堪能した1年でした。

昨日EXで、もちろん私は渡辺担を名乗ってはいるんだけれど、この1年で6人のことが等しくと言っていいほど大好きになったなぁということを感じていました。青を振っていたけれど、みんなのことをぐるっと見ている、見たくなる時間が本当に多かったです。

 

私はここ1年の彼らしかよく知らないし、正直今回のセットリスト後半の怒濤のタキツバメドレーは詳しくない曲も多くて、見えない壁みたいなものを感じなかったと言えば嘘になるけど、それでも楽しかったからいいやって思えるくらい楽しくて。

それに対して去年のサマステは正直、すのらぶもすととらも、楽曲ありきで見ていて、もちろんJr.の現場が初めてだったというのもデカいけれど、知らない曲はやっぱりあんまり楽しめないみたいな気持ちがあって。持ち曲がどうしたって少ないJr.のコンサートの楽しみ方を覚えたと同時に、SnowManというパフォーマーたち自身をすごく好きになったんだなとも思いました。

 

で、やっぱりクリエでも思ったんですけど、単独って楽しいんですよ。

でも何がこんなに楽しいのかなって思って。歌舞伎のときはバックの職人な彼らが好きとか散々騒いだわけだし。

いろいろ(といっても公演中に漠然とだけど)考えた結果、一番如実に違うのはひーちゃんが目に見えて楽しそうってことで。

もちろん、演舞場の一番天井から見ていた歌舞伎だって楽しそうだったのかもしれないし、去年の合同サマステだって楽しそうだったのかもしれないけど。でも、単独だと如実にひーちゃんがひーちゃんになるんだなって思って。甘えん坊のかまってちゃんの末っ子に全振りというか(笑) かっこいい曲でもどうしたってひーちゃんなんですよ。それはひーちゃんがSnowManのメンバーと、SnowManのファンを本当に大好きだって思ってくれているからこそなんだと思います。

やっぱり、ひと足外に出ると、SnowManのエースでセンターで、後輩たちにとっては怖い(というイメージの根強い)先輩で、先輩たちからは絶対の信頼を置かれている後輩で。いつだってSnowManの代表としての"岩本照"は、険しい表情というかビシッとしているイメージで。背負っているものも大きいんだと思います。ジャニーさんがどういう思惑でこのメンバー編成にして、ジャニーさんだかサンチェさんだか、はたまた他の振付師の方か知らないけれど、なぜ最初にひーちゃんをセンターに据えたのかは私にはわからないし、きっと一生明かされないんじゃないかなって思うけど、とにかく彼はそういう立場に選ばれて、だからこそその意図にしたがって、そういう人としての育て方をきっと滝沢くんとかもしてくれていて。そう考えるだけで私なんかにはもう想像がつかないくらいのことで。(もちろんこれはひーちゃんに限った話ではないけれど)

そんなひーちゃんが無邪気に楽しそうにしている空間が私は本当に好きです。

 

ひーちゃんの楽しみ方って「楽しいよ!!」って全身で表現してくれているだけじゃなくて、こちらからのリアクションが返ってくるのありきみたいなところがさらにかわいいんですよね...( ˘ω˘ ) すごく双方向性が強いというか。振りを飛ばしたら「まちがえちゃったぁ~」って感じのリアクションしてこちらに見せてくる、とか、バク宙成功してニコニコしながら胸をなでおろして見せたりとか。舞台上のメンバーたちと共有するだけじゃなくてこちらに投げかけてくるのが面白いなって思うし、そんなことしながらもパフォーマンスの手を緩めている様子は一切ないし(おそらく"おどける"と"ふざける"のラインをちゃんと引いているんだと思う。基本"おどけ"ている。)、この人は本当に人が好きなんだなぁって思いました。

 

...と、SnowManについて語ろうと思うと、どうしても岩本照について語ってしまう私がいるというのも、この1年での発見です(笑)

 

でも、今回渡辺くんも、もちろん一連のMCの流れでだけど「SnowManのことは宇宙一好き」って言ってくれて私は嬉しかったです。見ていて思うから。なんだかんだ言って、この人は今のSnowManが一番好きなんだろうなって。だって楽しそうなんだもん、みんなといる時の渡辺くん。だから本人の口からそんなことが聞けて嬉しかったです。ちょっと照れを取り払ってくれたケンティーありがとう。

 

 

さて、話がとっ散らかってますが(笑)、いろんなグループがすでに今年の夏、EXでライブをやっていて、中には涙したメンバーがいたり、感動的な場面もたくさんあったみたいだけれど、(もちろんファン側はグッとくるところもあったけど)SnowManはいつも通りの感じで単独の幕を下ろして。

クリエから引き続き、私が行っている回がたまたまなのか、毎回言ってるのか定かではないけど、ひーちゃんが"笑顔"という言葉をよく使ってくれていることが私は気になっています。私が入ったクリエ、確かに最後に「また笑顔で会いに来てください」という旨のことを言われ、昨日の昼公演は「こういう笑顔をたくさん見られる場所をこれからも作っていけたらと思います。そのためにはみなさんのお力が必要です。これからもついてきてください!」というようなあいさつをしていて。

いつからそうなのか、もしかしたら大して深い意味はないのか、いろいろわかりませんが、そういわれるたびに、私はSnowManに笑顔で応えたいなって思います。見せてくれているものに対して、笑顔で応えたいです。楽しくなかったら笑わなくてもいい、面白くなかったら笑わなくてもいい、もちろんそれもそうだけど、私は勝手に、そこにこだわりたいと思っています。

 

 

今回のSnowMan単独、本編最後の『epilogue』、6人が半円形になって内側を向いて歌う場面がありました。

今日というこの一瞬を  今までの涙を

すべて抱きしめよう 僕らのすべてを

 私は彼らの涙をこの目で見たことはありません。でも、舞台上でも稽古中でも人知れずでも、流した涙はきっとそれぞれにあって、それでも今SnowManとして輝いてくれているみんなに。

 

ありがとう。出会えて幸せです。

 

アイドルを応援するって、つい依存しそうになってしまうんだけれど、でも私の人生の中でSnowManは大切な一部、特別な+αだけど、"私のすべて"ではないから。

でも毎日の生活をがんばる糧で、人として尊敬する目標で、進路どうしようって考えさせてくれるきっかけで、笑顔にしてくれる存在だから。

これからも好きでいます。

 

 

...すごくまとまりがないけど、いったん満足したので終わります!!(笑) ありがとうございました!

 

 

 

― I Think About You Lots Of Time. You're Precious To Me.

シアタークリエに雪が降った日 (5/31夜 SnowManクリエ2017 感想)

こんばんは!!

5/31の夜に、念願叶ってジャニーズ銀座G公演こと通称SnowManクリエを観てきました!!

めちゃくちゃ楽しかったので記録しておきます。

 

※まだ絶賛公演期間中の公演なので、ネタバレしたくない方は写真の下からは見ないでください<(_ _)>

 

f:id:blan9-reine:20170531215623j:plain

 

 

毎度のことながら、私の記憶でしかないので抜け漏れ間違い満載かと思います。。

先に謝っておきます!すみません!!

では、張り切って\(^o^)/

 

0.Overture

紗幕越しのシルエットダンス。曲はメンバーによって先輩の曲のインストだった気がします。

いわ→あべ→だて→なべ→さく→ふかの順!!...だった気がする。。← そこすら記憶があやふや(笑)

いやー紗幕越しで表情なんてちっとも見えようがないんだけど、阿部ちゃんからにじみ出るというかあふれ出してる多幸感って何なんですかね!!あれ!!阿部ちゃんは幸せを司る妖精さんなのかもしれない( ^ω^ )...ええ、わりと正気です(笑)

 

で、幕が上がっていって、シルバーのギラギラSNM衣装が足元から見えてきて...

 

1.ZIG ZAG LOVE

ZZL!!大好き!!今回、SnowManの現場で初めて自担の渡辺くんを1曲ずっと追うことに成功しました(笑)クリエのキャパだと後ろの方の席でもよく見えるし、近くにいたけど仰ぎ見ていたEXより見やすいし、双眼鏡(オペラグラス?)を持たない主義の私的にはとてもいい会場だなと。

ここで、彼らの後ろに白い雪が降ってました!ひーちゃんがすの日常で言ってた「季節外れの雪を降らせる」って!!ってなりました~

ひーちゃんのバク宙は脚閉じてるver.で、着地も余裕あってさすがでした。間奏のアクロはフゥ―――――ってなるよねやっぱり。腹チラもちゃんとやってくれてました!!わーい!!

アウトロで一緒に♪ZIG ZAG LOVE~ってさせてくれたの楽しかった!!ふっかありがとう!!

 

2.Sky's The Limit (V6)

サマステに引き続き聴けた!

イントロアウトロの♪Hey~も一緒にできて楽しい!!

♪君の隣でそっとこの手伸ばすから~はEXほどのキャ―じゃなかったけど(さすがにすの担みんな慣れたね(笑))、それでもかっこいいから渡辺くん安心してね!!

 

で、次の曲のために寝そべってFinですよ!!

このテンポ感というか、メドレーっぽくなってるからこその既存の終わり方じゃなくて次の頭に繋がってる終わり方なのが、当たり前のこととはいえとても素敵だったなぁ。

 

3.Gravity (Kis-My-Ft2)

渡辺くんのもひーちゃんのも ♪そう胸の中 最高だった!!フゥ――――案件。

1サビの1回転ジャンプするところ、私の目の錯覚かなと思ってたけどやっぱ少クラの阿部ちゃん2回目逆回転しちゃってたんだねってことが解明できてすっきりです(笑)  あそこ、渡辺くんがふわっとわりと高めに跳んで、遅れずに着実に1回転して戻ってくるのいつも感動します。なんかそういうの苦手そうなイメージあったから←

欲を言えばね、♪何のため誰のため~の藤北パートをだてなべにやってほしかったんですよ!!で、間からひーちゃんが♪そう胸の中 って割って出てくるの!!ちょっと見たかったの。。

 

4.LIPS (KAT-TUN)

ここで事件。ふっか曰く今年のクリエ3公演目にして一番の事件が発生...(笑)

ここまでヘッドセットで歌ってたのを手持ちのマイクに変えるんですけど、舞台のつら(一番手前のとこ)においてあるマイクを取って、ちょっとカッコよく投げて、キメて、曲、なんですけど、あの、渡辺くんがマイクはじいて落としました( ´ ▽ ` )ノ

めっちゃくちゃにかわいかった。このときのリアクション!!落とした瞬間に手足ドタバタして拾って、即PAさんの方に手を合わせてごめんなさいしてた(笑) マイク高いんだからー!気をつけなさい!!客席降りてからもイントロ中ずっと「マイク落としちゃった!!」って騒いでた(笑)

通路より後ろの最上手に近い席だったんですが、目の前のお立ち台に阿部ちゃんでした。顔ちっちゃい!王子様!! JUMP!JUMP!ってオラオラめに煽るさっくんかわいかった!

 

ミニMC

「みなさん盛り上がってますか!!」みたいな定番のあれのあとに、「翔太なんか言うことあるんじゃないの?」とふっか。マイク落としちゃったことを報告。

そしたら宮ちゃんが「翔太大丈夫?怪我してない?」って聞いて客席フゥ――――で渡辺くんガチ照れ(笑)だてなべぇ( ˘ω˘ )

で、「続いてはメドレーです」って言い始めたふっかに「えっ?メドレーやるんですか!?」「え、テーマはワールド!?」って両脇からにじりよっていくいわなべ(笑) ふっか最終的に「やりずれー!!」って匙投げてたけどまるっとかわいかったし、3人の絡み見て微笑んでるあべだてさくもかわいかったよ~。

 

☆Worldメドレー

5.CHANGE UR WORLD (KAT-TUN)

イントロかかって全力で亀梨宮ちゃんの♪ブルースカイ~待ちしてたら、チェチェチェチェンザワーってRap始まって、そっからかい!って声に出してしまいました(笑)

イントロの反りとかウェーブは相変わらずいわさくなべがエグかった!(笑) 好き!

ゆり組のフェイクは拝めました<(_ _)> 宮ちゃんはそのあと一呼吸おいてよきところから入ってたけど、渡辺くん直後の♪You canからマイク構えてて無理するな!って思いながら見てました(笑) 入れないこともないけども!!(笑)

 

6.CHANGE THE WORLD (V6)

♪君と出会えた時~からのソロフレーズリレーを中央の階段使って縦一列でやってたの天才だった。誰の案ですかーー。少クラでカメラワークミスっちゃってた渡辺くんの♪居場所見つけた~だったからちゃんと見れてよかった(*^^*)

 

7.Change the World (NEWS)

イントロからギラつくすの兄さんかっこいい!私こういう激しい曲はヘドバン気味で乗っちゃうのがデフォなので、もっと壊れたかったー!EXでもやってくれたらもっと周りに迷惑じゃない程度に暴れる!!

 

8.まだ見ぬ世界へ (嵐)

この曲は去年のクリエでやったって聞いてめちゃくちゃ見たくて、でも少クラでやってくれなくて拗ねてた曲だからショートver.だったけど見れてよかった!!振付かっこよかった!!すのの三角形フォーメが好きです。

 

9.Brand New World (Kis-My-Ft2)

キスワ東京ドーム入った、というかその時期にキスマイ担みたいなもんだった人間なのでとっても高まる曲。もっとサビのC&Rとかちゃんとしたいもん!(笑)

落ちサビのだてなべは今日も尊かった。。そしてそのあとのアクロ、背負い投げみたいなやつじゃなくてひっかけ宙になってたね!滞空時間長すぎて時が止まったみたいだった~。

 

メドレーはここまで!

 

10.SNOW DOMEの約束 (Kis-My-Ft2)

で、渡辺くんの曲ふり「グループ名にちなんでこの曲を歌いたいと思います。」からのスノド。ABメロの歌割りはなべふか→だてさく→いわあべでとてもよい(>_<) 末ズのBメロめっちゃいいし、♪Foreverはもちろんだてなべです!!

直立で歌いあげるだけなんだけど、ちゃんと持つじゃんって思って。(何様だよって感じでごめんなさい(笑)) もっと歌聴きたいなーって。6人の、ね。

 

11.Love Situation (嵐)

からの、やわらかいピアノイントロのラブシチュ!!こちらも去年のサマステ以来二回目!!イントロ本家の振付なのほんと天才!!左右に投げチューしてターンした後の振付、渡辺くんとってもキレッキレだったけどどうした?って思ってしまった(笑) いいことだ...( ˘ω˘ )

そして変わらず椅子使って踊るのほんと天才!!(2回目) なんか私の知ってるジャニーズの椅子使う曲って帝王感がすごい、みたいな見下してくる感じのイメージが強かったんですけど(嵐の『モノクロ』とか)、こんなにかわいらしいのほんとすごいなって。

そして!「チカヅキタイ」は渡辺くんでした!!日替わりみたいね!!(6/1は回替わりだったらしい。。) ちょっと前に出て「ちかづきたい!」ってゆっくりめに言う感じでした。(私の中の嵐通って来た人格が、Jみたくちゃんとウィスパーでかっこつけて言って!!(-_-)って言いだしてしまうのは内緒です(笑))

曲終わりでピースしてイェイ!って言ってた渡辺くんかわいかった!!ひと仕事終わったもんね~おつかれさま(*´ω`*)(結局甘やかす←)

 

 

☆MC

MCなんですけど、ここだけ驚異の記憶力発揮してて、というか盛りだくさん過ぎて、書いてたけど途中で心折れました...。それだけおもしろかったってこと!!

がんばって端的にトピックスだけあげときます。

・佐久間がたまに素ではさむ「にゃっ」ってやつまじ何なの気持ち悪い by渡辺くん他(客席的にはかわいいー!!でした。私もそっち派です!)

・渡辺くんによるマイク落としたのの実演。渡辺くんは最近同じ話を何度もしがちとのタレコミあり。

・いわふか温泉デート話。温泉に2人で行って、UFOキャッチャーでひーちゃんがほしいけど取れなかったぬいぐるみを「ねぇふっかあれ取れなーい」ってかわいく言って取ってもらったと。「おれ、昔からUFOキャッチャーは得意なんだよねー」byふっか。ちなみにそのぬいぐるみは今2人のクリエの楽屋にあるそうでーす( ^ω^ )

※もちろん彼氏の自慢してる彼女=ひーちゃんです(笑)

・すの担の愛称を決めよう!!かつてのどうかしてた(本人談)宮ちゃんのせいで暫定”おにぎり”なすの担。ひーちゃんが満を持して発表したのは"Snow民"(スノーミン)。。客席の反応超微妙(笑) ひーちゃんおこ。「なんだよ、なんなら一人ひとりと話してやってもいいんだぞ?え??」って(笑) ってことでまだしっくりきたのありません。ちなみに...

・翔太MCでさりげなく座りがち。腰いたいらしい...お大事に。。渡辺くんのシルバーSNM衣装のインナーの襟元に▼←が縦に3つあって「それ座れって意味なのか!」と宮ちゃん(笑) 渡辺くん毎年衣装いじられがちでぷんすかしてました(笑)

 

ここらで阿部ちゃん先生のコーナー!!

単語はマントル外核の間にある”グーテンベルク不連続面”でした(昼はモホロビチッチだったから)。ひーちゃんがボイパぶっこんできて謎にRap調で復唱しました(笑)

ゲームはNGワードゲーム。だてなべ、いわさく、あべふかのペアで、相手の言いそうなNGワードを考えてくれる人を客席に探しに来るんですが...ふっかかひーちゃんの「阿部ちゃん(佐久間)のことよく知ってる人ー?」っていうのに触発された宮ちゃんが「翔太のこと一番知ってるのたぶん俺だわ」と。客席ギャー――――!!「あーこれはネットが荒れるわ」と渡辺くん。ええ、大荒れです( ˘ω˘ )

NGワードは、

いわ→俺は

ふか→俺

なべ→ヤバイ

みや→亀梨くん

さく→にゃ

あべ→あめ

で、ふっかが負けて、それをしかけたひーちゃんが嬉しそうに「絶対ふっか「俺はー」って話し始めるもん!」って言ってひーちゃんもアウトっていうオチでした(笑)罰ゲームとかは特になし!

もうほんとだてなべがすぎました(*ノωノ)

 

でもって、阿部ちゃん以外のみんなが次の衣装に着替えに行っている間、阿部ちゃん一人でつなぐTime。毎回緊張するんだってー。残りの公演もがんばれー!!

で、「今からBoogie Woogie Babyからはじまる、オトナなメドレーです。みなさん!おとされる準備はできてますかー??」っていう煽りがあって...

 

 

12.Boogie Woogie Baby

オリジナルの健くん衣装でBWB!!今日も今日とてサビの記憶がかろうじてあるのと、間奏のタット(手で形つくったりするダンス)くらいしか記憶にないけど、振付が最高ですねやっぱり。。

これでした(笑) サビの前の手を前に出して首傾げるみたいな個性的な振付の印象が強いです。あと、雑誌とかで言ってたみんなで踊れる”鳥ダンス”ってあれか!(歌舞伎の集合ステフォのところ)って。。あれみんなで踊れます!?腕のウェーブだぜ?...とりあえず左向け左しないとできないなって思いました(笑)

でもやっぱり私の脳みそのキャパは今回だけじゃ見きれてないので、ぜひ少クラでお願いします<(_ _)>

 

13.Flamingo (Kis-My-Ft2)

はい天才!!天才ですよ、もう。誰発案?そして振付は誰!?あとで教えてください~!!去年の夏にキスマイ兄さんのバックついてたから、そこから何曲か来るとは思ってて、「『Flamingo』めっちゃいいっすね」ってすのが褒めてたってタレコミを兄さんたちのコメンタリーで聞いてたから、ワンチャンあるかなーと思ってたら本当に来て嬉しかったんです(;_;)

本家のピンクあみあみ衣装のイメージがなかなかに強いから、マスタードのスーツで!?って見るまで思ってたけど、何なら本家よりもオトナな感じになってて素敵でした(*´▽`*)

歌割りも天才。最初のガヤさんパートの台詞?がひーちゃんでそこでもう息を呑んだ。。歌いだしの♪傾く陽のsilence~もひーちゃんだったんですけど!ひーちゃんめっちゃ歌上手くなってないですか!?!?

ほんとに!!トレーニングしたのかな。。超絶努力型の人間なのは、彼を知るたびにどんどんわかるようになってきたから、コツコツやり始めてるんだったら本当に効果が如実。。体幹しっかりしてるからちゃんと歌えるはずなんだもん。はぁーよかったよ、ほんとに。

 そのあとの♪関心のない素振りして~の玉ちゃんパートのさっくんも似合ってたし、♪手を振り返した、で5人が後ろ向いて右手でバイバイってしててものすごーく色っぽくてかっこよかった(>_<)

宮ちゃんの♪シャンパンのような Ur smile~も痺れたし!!渡辺くんの千ちゃんパートのフェイクも最高だし!!ほんと何なのSnowMan!!色気だしてきたね!?ぜひ少クラでやってください~~~~

 

14.In The Name Of Love~誓い (A.B.C-Z)

からのインザネ!!好き!!初日のレポでセトリ見て一番高まった2曲だもんな~。

冒頭の英語の台詞が阿部ちゃんトップの三角形で、阿部ちゃんで、まぁ~かっこいい。

♪Ah 君に逢えないだけで~My Heart →宮ちゃん

♪絡めた指をほどいた~罰なのか →渡辺くん

♪仮面に隠した →ふっか

♪冷たい情熱 →さっくん

♪Coolを脱ぎ捨て →ふっか

♪素顔、見せて →さっくん

みたいな歌割りで、、天才。。天才の乱用になってて申し訳ないけど、私にはこの感情を言い表す他の語彙がありません。。

♪涙で滲んだ~からは1フレーズずつだてなべ交互で、っていう情報は入る前に得ていて、心して聴こうと思ってたんですけど、その前のフォーメが宮ちゃんが上手5番、渡辺くんが下手1番くらいにいて、どうなるんだろう~って思って見てたら、センターに寄ってきて背中合わせ(not密着)でした。。背中預け合うタイプのシンメもいいというか、あべさく・いわふかなら背中とか頭とかくっつけてほしいんですけど、だてなべは触れませんよね~そうですよね~~...正解っ!!って思いながら見てました(笑)

これも少クラでいつかやってほしいなぁ~本人たちいるけれども( *´艸`)

 

ここ3曲は健くんのマスタードスーツだったので、ダンスのみでアクロ封印で、でもしっかり魅せられていて、あらためて新しい方向性というか、不安になってアクロ入れたくなってしまうであろう彼らを衣装の都合で封じるというやり方を提示してくださった先輩方ありがとうございました!!って感じでした。

あ、渡辺くんベレー前髪ありで、だてなべ白靴下でした!

 

15.キ・セ・キ (滝沢秀明)

いわだてなべのユニット曲。

ここのねー、歌いだしがひーちゃんなんですけど、もう、上手くなってて本当に(/_;) なんていうか、全体的にひーちゃんってとっても大事に歌う人なんだなって今回感じました。いいことですよね~~~

もちろん、宮ちゃんと渡辺くんだって負けてない!聴かせてくれました!!渡辺くんの本気で歌う時のマイク両手持ちも見れたし!(笑)  癖なんだよね、絶対。

宮ちゃんの曲終わりの台詞も素敵でした。

 

16.Ikujinashi (Ya-Ya-yah)

つづいて、あべさくふかのユニット曲①

三角形フォーメでセンターが順繰りにかわっていくスタイル。ユニゾンだったかな?ずっと。前の3人がしっとりしてて、そこまでもずっとオトナメドレーだったから、この3人めちゃくちゃアイドル!!って思って見てました(笑) あべさくは特にアイドルソングの王道行くようなのが似合うなぁっていう印象。いやまぁさっくんバラードもオラオラも行けちゃうカメレオンアイドルだと思うけどね!!すの5周年の記事に書いた、さっくんのアイドル性っていう考察は間違ってなかったかもってちょっと嬉しくなりました。

 

そしてふっかが「これが、僕の歩んできた軌跡です」って言って、、

 

17.少年のまま (J.J.Express)

あべさくふかユニット曲②

ふっかがかつて所属していたJJの曲。私は当時を知らないけれど、当時ソロパートもなく、一番端で歌っていたふっかがほぼメインで。昼公演には当時一緒だったはっしーが観に来てくれてバルコから一緒に歌ったっていうレポもあり。感慨深いものがあるというか、これだからアイドルの応援はやめられないんだよなっていうか。。

そして何より曲がいいですよね。。サビの歌詞とか今歌われると(/_;)って感じで。

最後はさっくんが次のスタンバイで下がるので、あべふかだけになり「同期サイコーー!!」って。すののじいまごかつ一番歴の長い同期コンビ、素敵です。

 

18.ヲタクだったってIt's Alight! (宮田俊哉)

階段上で俺の番だー!!ってバサッてピンクの背中に"萌”って書いてある法被を着るさっくん\(^o^)/ 超生き生きしててこっちも嬉しい!!(笑)

噂のメンカラじゃない色の法被を着ただてなべあべふか登場からの、\おい!おい!おい!おい!あーーーよーっしゃいくぞーーーー!!!!!/で、会場が一つに!!もうほんとこの曲のC&R楽しすぎて私は今日も一日引きずってました(笑) 48育ちのオタクだからよっしゃいくぞは命をかけます(`・ω・´)←

で、「神降臨!!」で1人だけゴールドのキラッキラのジャケット着たひーちゃんが上手から登場!!歌を引き継いで、なべ(顎クイ)→あべ(耳つぶ)→だて(肩ズン)→ふか(バーン(銃))→さく(壁ドン)ってすのの5人を落としていくヒカル様(/ω\) はわわわ...って倒れこんでいくみんなのリアクションもかわいかったらしいんですが、ひーちゃんの本気の(照れなしの)技の数々を目に焼き付けたくてそこまで見られなかったのが心残りです。。

ていうか、レポでみんな知ってるから、「神降臨!!」のあと客席みんなサッと双眼鏡構え始めてちょっと面白かった(笑)

で♪心臓ドキドキ!に繋がるというね。1サビはひーちゃんだけ階段上に座って高みの見物。歌舞伎二幕のストーリーテラーが上手の小部屋に腰かけてるときみたいだった~。キマってましたね!!(`・ω・´)

渡辺くん思ったよりもちゃんとロマンスしてて感心した← やらなそうじゃない?だって。まぁ初日から宮っち来てくれてるしね~。

でイッツショータイム!はさくあべだてで。その間になべふかはひーちゃんに法被を着せます。でもって最後のサビは全員で。ひーちゃんもノリノリ。2回目のサビのとき♪はー幸せ 萌え萌えキュン☆のあと渡辺くん爆笑してたけどなんだったんだろう。。自分で全力でやって可笑しくなっちゃったのかな、そんな気がする。

最後は♪明日こそ~って歌ってるさっくんと、そんなさっくんにゆる~い(何なら曲に合ってない)ケチャするひーちゃんだけ舞台上に残ってて超かわいかった。佐久間の方にやってー、ぐるぐるしてー、って感じだったもん(笑)

はぁーーーーー本当に客席一体型で超楽しかった!!このソロ曲作詞作曲のヒャダインさんも、こういうのやりたかった宮っちも、それを許してくれたキスマイ兄さんたちやエイベさんやいろんな人にありがとうを言って回りたい気分だ!!!しかし、今冷静に考えると、「ロ・マ・ン・ス!!」ってサマステの王冠ペンラ、あの丸っこくて短いのくるくるしてた自分、傍から見るとウケるなって思います(笑)

 

19.AAO (Kis-My-Ft2)

再び客席降り。後ろまで来てくれた!!ええ、まぁ自担には干されましたけどね( ˘ω˘ )彼にとってはそれが通常運転です、今日も元気!うん!!(笑)

Rapの「そうそうそう そこのアナタ」のとこふっかでわかる!!ってなった(笑)

みんなキラキラしていい笑顔でした~

 

20.NOROSHI (関ジャニ∞)

そして法被を新衣装の黒に赤っぽい和柄がアクセントで入ってるジャケットに変えて、6月の少クラで放送されるであろうエイトの『NOROSHI』!!ダンスでも行けるんだなっていう可能性を見せてくれました。基本3:3だったかな。OA楽しみにしてます~!!

 

21.PSYCHO (Kis-My-Ft2)

サイコーー!!初っ端のFooooo!!!っていう叫びはさっくんでした。わかる(・∀・)←

振付は本家のかな?マルチアングル持ってないから本家の振付がそもそも怪しい。。間奏は本家だった!

本家の肩組んだ北玉の上にガヤさんが覆いかぶさってくるやつ好きだったからそういうの入れてみてほしかったり...|д゚)

後半は客席も温まってるし声出せる曲多いの正解でした!!

 

22.REAL DX (タッキー&翼)

はいキターーーーーーーーーー(゚∀゚)!!!

もうね、好き。すのの職人のようなリアデラ大好き芸人なので、バックの振付のままバカみたいに踊りながら(褒めてる)歌ってるの最高でしかなかった!!

イントロのおいおいおいおい!も、すのーまん!も、サビの手振りも、全部全部参加できてよかった!!

リアデラかかるとみんな顔締まるよね(笑) 今年も滝様には声かけてないのかね~どうなの?ふっかー!!

 

23.RUSH OF LIGHT (KAT-TUN)

初日セトリのレポ見て、...?ってなったけど、運よくウォークマンに入れてて、いい曲だなって思って、そしたらTLのKAT-TUN通って来たみなさんもよくこんな1stアルバムのコアな曲を...って言っててそうなのかと思って必死に聴きこんで行きました。

♪どんな日が来ても光り続けるから →ひーちゃん

で、Aメロはあべだて→なべさく、Bメロふか→いわ→いわふかで、サビ。なんかね、無心で浴びていました。泣くとかそういう境地を越えていた。でも、周りで涙ぐんでる人たくさんいて、ああ幸せな空間だなって思っていました。

♪出口が見えなくても 転がりながらもずっとずっと は、だてなべ。階段の中腹で、同じ段の端と端、向かい合うでも寄り添うでもなく、ただ自分の持ち場で背中に相手を感じながら、4人のことも感じながら、歌う姿に今のSnowManを見た気がします。背中を預けるというか、肩を組んだり手をつないだり、向き合って見つめ合ったり、そういうのはなくてもちゃんとグループで、仲間で。

最後のサビ、横一列に並んだみんなの姿と、舞台の後ろの方にある客席へ向かっての強い照明がとっても眩しくて、あ、終わっちゃうって思って名残惜しくて、でも終わっちゃって日常に放り出されても生きていけるなって思って。素敵なエンディングでした。

 

最後に紗幕が下りて、Zポーズをした6人が浮かび上がったの本当にかっこよかったし感動しました。あぁ、SnowManのコンサートに来てたんだなぁって最後に改めて実感しました。

 

 

EN.1 Acrobatic

ここに持ってくるか!!っていうね!!でも、いい。お手振り曲になり得るポテンシャルがちゃんとあるんだなって。

お立ち台順繰りに回って1人1回は全部の箇所に来てくれました!!

阿部ちゃんはほんとにファンサマシーン。隣の子が阿部担で、お手振りもらって色めき立ってて微笑ましくなりました(*´ω`*)

宮ちゃんは見学のバルコ*1にもお手振りしてた!宮ちゃんってすのにいるとがっちりめに見えるけど近くで見ると頬とか超薄いのね!!びっくり( ゚Д゚) みんなもう少し肉つけて~~

さっくんは天使かと思った。。白いし天真爛漫だし。。前の晩からこっち見てくれたらぴーーす!!しようと企んでたのにまんまとやり忘れたよね~←

渡辺くんは、、、察してください<(_ _)>(笑) でも、彼のえらい?すごい?ところは一回も誰にも手を振らないで通すとこね(笑)それどーなのって思うけども!!その代わり手を抜かずにずっと歌ってたから良しとしましょう!(やっぱり甘い)

ひーちゃん滞在時間短かったんだよな~もっと見たかった!!あ、けど赤メッシュはすごいよかった。いいよ、あれ。

そしてふっかは間奏とアウトロで「開いて閉じて開いて閉じてイーケーメーン!!」って煽ってて、最終的にこっちにイケメン部分言わせて、本来の振付にない最後の最後まで引っ張った挙句、最後「イーケーメーン!!」って言われたの聞いて満足げな満更でもない顔してるっていうね(笑) 最年長愛おしいです!!

 

EN2.Lucky Man (嵐)

「すのー?」\まん!/コール楽しすぎ!!今回は遠慮しないでスクリ―――ムで叫んだし、全力で「満タンカーなんだ!」した!(・∀・)

私的に♪いま世界の大玉に乗って~No.1 hero of new salvation~の方のサビが馴染みがあるからいつもみじかっ(゜-゜)って思っちゃうけど(笑)

でも、ひーちゃんに序盤で煽られた通り、喉潰す覚悟でやってたんで楽しかったーーー。周り気にして引いたら負けだなって、思いっきり楽しまなきゃ失礼だなって思ってね。ぶちかましました!!

 

ダブルENも起きたけど、幕前でのお話で締めで。

アンコール後だったか、ここだったか定かではないけど、ひーちゃんが「また僕らに笑顔で会いに来てください!」って言ってくれて、そうだなって思って。幸せな約1時間半でした。

 

 

 

なんだか5月末は個人的に気分が乗らない日が多くなってて、情緒不安定の極みみたいな感じで。そういうときってニュートラルな考え方ができなくて自己中になってるっていうか、自分を相対的に見られなくって。私毎日がんばってるのにって思っちゃってて。

でもすのクリエのチケットを持っていることだけを頼みの綱にしてどうにか日々を過ごして、迎えた5/31でした。

情緒不安定すぎて絶対泣くと思ってたのに、一番泣きそうだったの開演5分前のアナウンスの時点で(笑)、本編スタートした瞬間に全部吹っ飛びました。

で、初っ端のMC前までで踊りまくって息をあげて、汗を尋常じゃなくかいて、体力すり減らしてまで全身全霊のパフォーマンスを見せてくれた6人を見ていたら、なにやってんだろうな私、って思えてきて。私がすののみんなほど一生懸命になってやってることって今あるかな?って。

もう、そうしたら、毎日毎日ちょっとずつ妥協して手を抜いて、やらなきゃいけないことやこうありたいと思う自分の姿から目を背けて逃げ道を作っている自分の甘さが恥ずかしくて、悔しくて、土俵は違うけど自信もって応援するために、私は私のことがんばりたいなって思って。

なんだか、心の底から解放された気分で楽しんだと同時に、頭冷やしたみたいな不思議なコンサートで。なのに全然後味悪くなくて。やってやろう、って、自分にちゃんと向き合おう、って素直に前を向けたコンサートでした。

 

だから、ひーちゃんがまた笑顔で会おうねって言ってくれたから、ちゃんと自分に納得して笑顔でEXに会いに行けるように、8月まで毎日できる限り大切に、全力で生きて行こうと心に決めました。...難しいとは思うけど(笑)

 

最終的になんだかとっても個人的な話になっちゃいましたが、本当にSnowManとSnowManのことが大好きなファンが集まったこの一体感ってすごいなって改めて思った素敵な公演でした!!

 

ひーちゃん・ふっか・渡辺くん・宮ちゃん・さっくん・阿部ちゃん、ありがとう!!

残りの5公演も事故なく怪我なくがんばってください!!

私も私の場所で夏までがんばります!!

*1:見学は宇宙Sixの江田ちゃんとトラジャののえるくんでした~

さぁ立ち向かおう~SnowMan結成5周年によせて

今日、5/3はSnowManが"SnowMan"という名前がついたことを滝沢くんから伝えてもらった日です。
私は去年の8月からがっつり応援するようになったので、いろんなSnowManファンのみなさんの書き残してくださったレポやブログをあさって、これを書いています。なので、不確かな部分が多いことをお許しください<(_ _)>
 

それは2012年春の滝沢歌舞伎期間中のことでした。
それまでは真田くん、野澤くんと8人で"Mis SnowMan"(通称 みすの)として活動していた彼ら。しかし"noon boyz"として活動し始めた2人が独立して、みすのは空中分解状態になります。
そしてちょうど大学受験を控えた時期に差し掛かっていた阿部ちゃんが、受験のためにジャニーズJr.の活動を休止することになり、彼らは"岩本たち"というくくりで5人になってしまいます。
その時期、とても不安だったということを2013年の滝沢歌舞伎千穐楽で滝沢座長に宛ててSnowManが書いたお手紙の中で、彼らは吐露しています。
そして阿部ちゃんが無事に大学に合格して復帰した2012年春。滝沢座長はこの6人を以前よりも重要なポジションにキャスティングしました。
 
ちょっと脱線しますが、私、これつい先ほど知って、これがまずすごいことだなと思って。一時休業していたJr.が、いくらそれまでみすのが推されであったとしても、それまでよりも前に出る形で戻ってこれるなんて...って。たぶん他のジャニーズの舞台やコンサートではありえないのではないか、と。
2012年ということはえびキスはもうほぼ滝沢くんの手を離れていた時期で、滝沢くんは次に拾って押し上げてあげなきゃいけないのはこいつらだって思ってくれていたんだろうなと考えると、本当にもう何と言ったらいいか...って感じなんですが。。でも、ふっかとかの話だとちゃんとがっつり近くでお仕事をさせてもらったのはSnowMan結成と同じくらいのタイミングからだって感じなので、本当にカンパニーの全員をよく見てくれている座長なんだなと。恐れ入ります。
 
で、話を戻すと、ある日滝沢座長の楽屋に呼び出された岩本・深澤・渡辺・宮舘・佐久間・阿部の6人に、滝沢座長はこう告げました。
「君たちのグループ名が決まりました。"SnowMan"です。」
かつて付いていた名前にそっくりのその名前に耳を疑う6人に、滝沢座長は「お前らがグループ名を守ったんだよ。」と伝えたといいます。

それが2012年5月3日、5年前の今日ということです。
 

......まどろっこしい説明をしてしまいました(笑)
でも、SnowManを応援するって決めてから初めての記念日なので、まとめておきたくて。自己満です(笑)
 

こんな感じで本当に名実ともに滝沢くんにお世話になって、すくすくとグループとして育ってきたSnowMan。
先日滝沢歌舞伎で生で見たっていうこともあり、一人一人について感じたことを私なりに書き残しておきたいと思います。おせっかいな口うるさいおばさんみたいな、または実際の歳の関係でいくと生意気な妹みたいなこと書くと思いますが、先に謝っておきます!ごめんなさい!!
 
では、年下から順に!といっても大してみんな変わらないけど(笑)
 

阿部亮平くん
阿部ちゃん。本当に、言われ飽きていると思いますが(笑)、賢い人だと思います。
メンバーのみんなに内緒で勉強して気象予報士試験を受けて、何回か落ちたりしながら、合格率4%の難関をくぐりぬけて合格したこと。
旅が好きで知的好奇心がくすぐられて、世界遺産検定2級を取得してしまうこと。
もちろん純粋に興味があったとか、個人的に取りたかったとかいろいろあると思うけど、一つの動機として、自分がそうすることでグループの飛び道具になるんだと自覚している姿が頼もしいなと思います。でも、資格オタクになりたいわけじゃないってはっきり伝えてくれたのもナイスだと思いました。よかった、そうじゃなくてって思いましたもん(笑)
気づいたんですよね、私。このネット社会のご時世において、ジャニーズはネットニュースに写真や動画を載せられなくて、SnowManのアクロバットがすごいんだよっていくら記事で文面に書いてもらっても、興味がわいた人は自発的に映像探してくれると思うけど、それ以外の人にはふ~んってスルーされてしまう中で、別にアイドル好きじゃなかろうとすごいって思えて話題性のある才能・力を持っている人がいる強みってすごいなって。
実際、JAIで天気予報を掲示していたのはニュース(新聞社のネットニュース?)に取り上げられていたし、世界遺産検定2級もそうだし、理系男子が功を奏して読売中高生新聞の国立科学博物館の大英自然史博物館展の記事に載せてもらえたし、NHKの時事ニュースを扱う番組に2回出られたし。この1年でソロ活動が一番飛躍的だったのは阿部ちゃんだなって。
そんな阿部ちゃんですが、ずっとダンスやアクロバットはグループの中でがんばらなきゃいけない立場だって言っていて。先日も滝沢電波城で舘様がなんでもそつなくこなせるから頼りにしてもらえるのはありがたいんですけど~っていうようなことを言っていたときに、「言ってみてぇ~」って言ってて(笑)
でも、そりゃもちろんキスマイのI SCREAMのDVDに収録されてたOver Tureのバク転は一人だけ遅れててニカちゃんに阿部ちゃん遅れがちっていじられてたけども!!(笑)でも、そんなのもちろんいつもじゃないし、それを補って余りあるパフォーマンス力の持ち主だと思うので、ダンスやアクロについては本人が何より危機感を持っているようだし、全然心配はしていません。(何様感。。)
あと、私はサマステでも歌舞伎でも阿部ちゃんの色気にあてられて大変だったので、大人の色気みたいなのもすごい素質があるなと。あ、あとやっぱり頭の回転が速いのでラジオ面白かったです!!
今年は、阿部ちゃんがクイズ番組に出られますように!でも修論書く時間もありますように!!実りの多い一年でありますように!!!
 

*岩本照くん
ひーちゃん(って私は呼んでます。サマステでの幼女みにやられました...笑)
ひーちゃんは努力の人です。ジャニーズJr.みんなもちろんそうだと思いますが、その中でも、です。
私、ダンススクエアのSnowMan徹底解剖読むまで、ひーちゃんは難なくアクロバットできてしまっていた人間だと勝手に思っていて。一度はバク転ができないまま死ぬんだって絶望して、すごく苦労をして、今じゃSnowManで1,2を争うくらいに精度の、難度の高い技をコンスタントに披露できるまでになったというのが意外だったしすごいと思いました。
あと、徹底解剖読んで、ジャニーズに入所した経緯というか動機が面白いなって思って(笑) そんなの聞いたことないわ!って思って。そうやって周りは全員ライバルって思って約10年前に入ってきた、ダンスレッスンで翔太ににらまれて嫌だなって思っていた岩本少年は、今どう思っていますか?自分の置かれた環境をどう考えているでしょうか。
2014年の滝沢歌舞伎千穐楽にて、前年にSnowManが滝沢座長に宛てて書いた手紙の返事を滝沢座長はくれましたが、その中で各メンバーについても触れていて、ひーちゃんには、
「体が大きいわりに、落ちこむとすごく小さくなる岩本。大丈夫、きみにはSnowManもいるし、俺もいるよ。そしてみんながいる。」
という言葉をくれました。ひーちゃんはそのとき、目を手で押さえて俯きましたが、そのときよりもSnowManの5人に、滝沢くんに、そして私たちSnowManを応援している人たちに甘えられるようになりましたか?
きみの周りには敵どころかたくさんの仲間がいて、仲間だからこそ、最高のライバルなんだよって10年前の岩本少年に教えてあげたいね。なんとなくそんなことを思ってしまいました。
そんなひーちゃんが去年の滝沢歌舞伎の千穐楽の口上で言った言葉。
「滝沢くんが僕にくれた言葉ですごく大好きな言葉があります。僕も滝沢くんのような懐のでかい男になって、いつか後輩たちにこの言葉を言いたいと思います。『何かあったら俺に言え』」
これ、すごくかっこよくて、うちのセンターがひーちゃんでよかったなぁって本当に思いました。実際にメイキングで前田くんに袖でアドバイスして緊張を解いてあげようとしてる姿が映っていたり、今年の『WITH LOVE』のときのオフショットでちびジュたちに囲まれている写真があったり、ひーちゃんはちゃんと偉大な滝沢くんの背中に近づいていけていると思います。
今年の歌舞伎では講談に初挑戦。正直、私はひーちゃんの口上はかっこいいと思うけど、去年とかだと楽屋のシーンとか早口になっちゃってて、時代劇っぽくないときの話し方がもったいないなぁと思っていたんですが、『少年たち』くらいからよくなってきて、歌舞伎のストーリー・テラーと講談はすごく素敵でした!!努力がすごく如実に反映されるタイプなんだなと思いました。
SASUKEもそうだね。言い続けて、ひーちゃん担のみなさんが押し上げてくれたチャンスです。私、その頃ちょうど一番忙しくしていてオンエア見れていないんですが、また呼んでもらえますように。
阿部ちゃんもだけど、年男の一年です。ひーちゃんの努力が次につながっていく、そんな素敵なことがたくさん起こる一年でありますように!!
 

宮舘涼太くん
宮ちゃん!!宮ちゃんはぶれない人だと思います。
いつでも、どこにいても、"宮舘涼太"であることができることの強さ。それでいて、我が出すぎていて悪目立ちすることもないという神業をやってのけているという印象もあります。それは、敬愛する亀梨くんから盗んだものなんだろうなぁ。
先ほど阿部ちゃんのところでちらっと出しましたが、先日、ふっかと阿部ちゃんと3人で出演した滝沢電波城で得意なことを聞かれて「料理!と、あと時代劇に出たいので、殺陣とか日本舞踊をこれから勉強します!(笑)」って言ったら、滝沢くんに「いやでも舘様はもうできてますから~」みたいなことを言ってもらっていて。それに対する反応が「それがまたダメなところというか、なんでもこなせちゃうからこいつはできるよねって思われちゃう」っていうので。
もちろんそのあとに滝沢くんがフォローしてくれたように信頼感は抜群にあるってことでもあるけど、確かに宮ちゃんの言うことはわかると思いました。突出している何かがほしい、とか、むしろ何かができないとか苦手ということが個性になることもある、とか、いろいろ考えるんだと思います。それは、きっと幼馴染の渡辺くんも同じね(笑) 変なところ似た者同士なんだよね~(笑)
でも、どこにいても"宮舘涼太"なの、本当にすごいことだと私は思います。あれだけの数のJr.がいても、すぐにわかる。指先でわかる。あ、宮ちゃんだ!って。
あと、時代劇っていうやりたいことがとても明確なの、いいと思います。というか、これだけの強火亀梨担なのに、そこは本当に滝沢歌舞伎で目覚めて、自分の欲求としてやりたい!って思ったんだなって考えるとぜひ叶えてほしいと思います。
あとあと、私は宮ちゃんの歌が好きです。これまた埋もれない声。癖があるけど素敵ないい声だなって。地声とのギャップも含めて、ね。地声もイケボでとてもいいけど!なんならこないだラジオ聴いてて悶絶したけど!!← 声のお仕事とかもやってほしいかも!!
2014年の滝沢くんからのお手紙では縁の下の力持ちだと称されていたけれど、もちろん滝沢歌舞伎みたいにフライングのキャッチやら戸板倒しやら梯子の調整役やら、人の命を預かるといっても過言ではないというような重大な仕事を任されているときには、その安定感と縁の下の力持ちっぷりを存分に発揮してほしいんですが、SnowManとして自分たちが主役で魅せるときにはもっとどんどんアピールしてね!!
この一年は、時代劇に出る足掛かりがつかめますように。あ、亀梨くんのソロコンの見学に行けますように!!( *´艸`) そしてあわよくば、自分だけの武器を見つけられますように!!
 

渡辺翔太くん
渡辺くん。自担です。
渡辺くんについてはもういろいろ書いてるからなぁ~(笑)
今年、滝沢歌舞伎でなべ郎っていう犬役をもらった意図は何なんでしょうか!?(笑) でも間違いなく彼をひと皮むくためには必要なステップだと思っています。
あのコミュ力の高さで人の懐に入るのも上手い方で、本来いじられキャラなのにSnowManだけになったら回し役をしなきゃいけない、そんなことに葛藤をして悩んでいた時期があったみたいですが、今はどうですか?
そういうことで言うと、物語の大筋の進行には深くかかわらず、自由にかき回せるなべ郎をして生き生きとしているのはなんかわかるなと思います(笑)
渡辺くんは「俺を見て!!」って気持ちが強いのに、いざ抜かれたり注目されたりすると恥ずかしくなっちゃうっていう、まぁーーアイドルに向いてないなって感じの性格だけど(笑)、でもこうやってアイドルでいてくれてありがとう。アイドルである自分に意味を見出してくれてありがとう。
でも、最近さすがに言われすぎたのかカメラ目線増えたね!!(笑) 少クラ見ててそう感じました。うれしいです。
あと、SixTONESや髙橋海ちゃんっていう自分をいじってくる後輩たちと仲がいいね。なんだかんだ面倒見がいいところがあるんだと思っています。そして、後輩っていうあれでもないけど、去年のクリエで『code』をどう見せるか、きょもちゃん(京本大我くん)に相談したっていうのを聞いて、普段仲良くつるんでいる人にも、必要とあらば、自分たちの公演をもっとよくするためには、ちゃんと相談して意見を聞くということができる人なんだなと思ってすごいなと思いました。それってみんなができることじゃないと思うから。口で言うほど簡単なことでもないと思うから。
でも、妙なところで血迷うのも渡辺翔太です(笑) 阿部ちゃんの活躍を見て焦ったって私は解釈してるけど、美容師の資格取りたい発言は近年まれにみる気の迷いだと思っています(笑)
もっとほかにできることたくさんあるぞー!!って思ったよ私は。渡辺くんのレッスン事情とか知らないけど、ボイトレ通ったりしてるかな...?とか。すのは最近特にだてなべボーカル売りし始めたし、祭りや少クラの収録とかで意外とうまい!って言われてたりして評判なので、そこを磨くのもありだぞー!!って(笑)
まぁ、なんにせよ渡辺くんが思うようにやってみてほしいなって思います。なんかやりたい!なんかやりたい!ってただ言ってる時間が一番もったいないからね!
あとは、きみたちがいると舞台の迫力が増すとジャニーさんに褒められたことがある人たちですから、ジャニーズの財産としてもSnowManが舞台に立ち続けるというのは意味があることだと思うんですが、その一員である渡辺くんが「どんなに忙しくなっても舞台だけは続けたい」と言ってくれていること、本当に頼もしく、うれしく思っています。舞台が好きなんだなっていうのは滝沢歌舞伎で伝わってきたから。
ってことで、宮ちゃん同様、何か納得のいく自分の武器を見つけられる一年になりますように。そして渡辺くんがMCをする機会が増えて、そこの自信ももっとつけられますように!!
 

佐久間大介くん
さっくんさっくんが目線泥棒だって言われる理由が先日の滝沢歌舞伎で本当によく身に沁みました。
とにかく前へ!客席へ!!っていう意識がピカイチ。みんなの"前"が漠然と目線や身体が向いている方向って感じなら、さっくんの"前"は1階8列15番!!みたいな具体性と強さをもっている感じ(笑) だからといって個にしか訴えかけないってわけじゃなくて、強く客席全体を佐久間ワールドに誘うオーラがあります。踊ること、本当に好きなんだろうなぁと思います。伝わってくる。じっと見てると全部の意識もっていかれる気がするから、私はさっくんだけをじっと見るのはやめるようにしています(ごめんなさい!笑)
なのに、しゃべりだすとぽやぽやしてるのほんと謎!!高低差ありすぎで耳キーン鳴るってやつ!(笑)
さっくんも自分の個性をしっかり持っている人です。さくピース!といい、実はSnowManの中で一番アイドルらしいアイドルなのかも。確かなパフォーマンス力とかわいい決めポーズ持っててニコニコキラキラ~みたいな。それでも変わり種扱いされるのはアニメオタクと束縛激しい男子っていうところが原因でしょう(笑)
でもそのオタク具合だからこそ、アニメオタク界隈の人たちに覚えてもらえることもあるし、声優やってみたいっていう目標もある。声優、いいと思うなぁ。ラジオ聴いてて通る声だなって思ってたから。
あと、あんなにフリートークさせると暴走するのに、お芝居になると板についちゃうのは何なんでしょう??ずるい。ギャップが。外部の舞台とかも挑戦してほしいかも!アクションもできますよ!舞台関係者のみなさん!!(笑)
2014年の滝沢くんからのお手紙でも、
「きみはすごく魅力があると思う。芝居をもっとやらせたい、踊りをもっとやらせたい、いろいろ思っているよ。でも、佐久間はなかなか前に出ようとしないよね。岩本と深澤が前にいたりすると、いつも遠慮がちだよね。それはよくないと思う。自信をもって、もっともっと前に出てください。」
と言われていたさっくん。このころよりもがつがつ前に出てくるようにはなっているんじゃないかなと思います。それに去年、大好きな健くんとお食事に行ったときにいただいた言葉。
「やるなら全力でやれ。引かれるくらいやれ。それでやっと普通だ。」
さっくんはこの2つの言葉を背負って、もっともっと素敵な表現者になっていくんだろうなと思っています。
あと、去年のノーマルver.の口上で言っていた言葉。
「アイドルっていうのは笑顔を見せる仕事じゃない。笑顔にする仕事。」
私、すごく素敵な言葉だと思って、誰の言葉だろうって思ったら、ラブライブのにこにーなんですね(笑) でも冗談抜きでいい言葉だし、真理だと思う。さっくんがこの3つの言葉を胸にとどめてアイドルしてくれているうちは、SnowManがどんどん職人っぽさを増していってもアイドル性を失わずにいられるんじゃないかなと思います。
今年は、声優に挑戦するきっかけをつかめますように。宮田くんみたく、アニメ関係のお仕事を単独でもらえますように。そして、さっくん表現者としての素敵な才能をもっと多くの人に見てもらえますように。
 

*深澤辰哉くん
ふっか。愛すべき我らが最年長です。
いじられキャラとかモノマネの人とか、他担さんからそう思われているかもしれないけれど、ふっかがかっこいいことすの担さんたちはちゃんと知っています。だからあんまり自虐に走らないこと!(笑) 悲しむ人たちがいるよ!!
ふっかの愛され力はすごい。あんなにいつも滝沢くんのそばにいるのに、ラジオでちょっとからかわれて本気でテンパるふっかが、声だけなのに顔の表情まで脳内再生余裕で愛おしく思っていました(笑)でも、テンパって何言ってるか自分の現在地がわからなくなっちゃうのはかわいいけど、もういい大人だし徐々に直していけたらと思います。(先生みたいになっちゃった笑)
....あーでもそれがふっかの味かー。。じゃあ特に渡辺くん、阿部ちゃん、つっこみと軌道修正頼んだ!!(笑)
そんなゆるふわぽわぽわなふっかちゃんかと思いきや、真剣に踊ってたり殺陣してたりする姿はさすがとしか言いようがないくらいかっこいい!!どこかで、SnowManの中で事務所入る前のダンス経験がないのはふっかだけっていうの見てびっくりして。もう人生の半分以上はやってるとはいえ、持ち前のセンスと運動神経のなせる技だなと。板につけてしまったら強い人。モノマネ然り、パフォーマンス然り。
それで言うと、お丸さんもすっかり板についていて。可憐な町娘に見えるのさすがだなって。だって中身ふっかだよ!?←
そして、ふっかと言えば外せないのは去年の滝沢歌舞伎千穐楽での口上でしょうか。滝沢くんへ手紙を書いたふっか。SnowManについても語っていました。
「SnowManという名前を守っていけと言ってくれた滝沢くん。僕たちはちゃんとできていますか?」
「SnowManを守るためだったら僕は何だってしてやります。」
DVDのメイキングで見て、こう言い放ったふっかの強い眼差しが私は忘れられません。すののみんなも映像見たかな?こんなにいい顔して言ってたんだよ、ふっか。
クリエでも幕が下りてから「なんだってするぞー」みたいなこと叫んだらしく、SnowManを大切に思う素敵なメンバーだなって胸が熱くなりました。
ふっかは普段あまり自分の目標を語ることがないように思います。言うとしたらグループとしてのこと。滝沢くんのもとで少しずつ頼もしくなってきたふっか。ふっかがやってみたいことはなんですか?言いたいけど、遠慮して、恥ずかしくて言えてないことはありませんか?もっとわがままになっていいよ。ふっかにはふっかが守りたいと思っているのと同じくらいSnowManのことを大切に思っているであろう5人がいるから。そんなことを思います。
今年は、ふっかがSnowManの名前守れてるって思えることが起こるといいな。何か新しいチャンスをもらって、何だってやるって心意気を生かせる機会があるといいな。
でも、無理だって思ったらすぐに回れ右して帰っておいでね。ふっかいつもありがとう。
 
 
相変わらず長くなってしまった。。
でも、もうちょっとだけ。
 
私のドルオタ人生結構長いんですけど、メジャーデビューしていない人たちを応援するのは初めてで戸惑うこともあります。
普段あんまりTwitterとかでは言わないようにしてることだけど、今日はあえて言わせてください。
 
SnowMan、絶対デビューしようね!!
 
 
絶対です。私は見届けるまでファンをやめられそうにないです。
もちろんデビューすることがすべてじゃないし、ゴールでもないと思っているし、今の時点でデビューすることのメリットを挙げてって言われたら自信もって言えることは少ないけど。
どうしてデビューできないのか?何が足りないのか?私にはわからないこともたくさんあるけど。
 
でも、一つ私がどうしても見たい姿があって。
それはデビューした彼らを見て「いやーこいつら本当に手がかかったんですよ。こんな奴ら初めてでしたよ!!」って困ったように、嬉しそうに笑い話をしている滝沢くんの姿です(笑)
見たいじゃないですか。親孝行みたいなものですもん。
 
 
Jr.の後輩たちにリハから拍手したくなるようなパフォーマンスをしてくる、と、僕たちもそういう風にならなきゃ、と思われるグループで、デビューした先輩方からバックにつけたいけど自分たちの舞台もあったりして予約のとれない名店みたいだって言われて。
悲しいかな、この世界はスキルが圧倒的な者が必ずしも大衆受けする世界でもないんだけど、でも実力がある者は輝いていけるんだっていうのを見せてほしいと思うんです。
 
私はまだ、SnowManがつくる単独公演を見たことがありません。でも、今年のクリエのチケットを持っています。
きっとクリエを見て、私はまた彼らに惚れ直すんだと思うし、同時に私は身内に厳しくなってしまうタイプなので、あそこはよくなかっただなんだってここで騒ぐんだと思います(笑)
でも、SnowManが思う今のSnowManにしかできないステージを見せてくれることを信じて楽しみに待っています。
 
今年の滝沢歌舞伎にはお兄さん組の口上がないから、彼らの口からいろんなことが聞けるのもクリエになるんでしょう。
 
5年っていろんなグループの5年と比べていろいろ考えてしまったんですが、、、やめました(・∀・)
のんきだって、甘いって言われちゃうかもしれないけど、SnowManなりの5年で、SnowManなりの6年目にしかならないと思うから。
"誰だって強くはない けど弱いわけじゃない"*1から。
"キミが信じるのなら 大空さえ越えて行ける"*2から。
 
私はSnowManがSnowManでいてくれれば、十分。
 
 
...珍しく激重仕様になってますが、このへんで終わりにしたいと思います。
 
 
あらためて、SnowManのみなさん 5周年おめでとうございます!
これからもずっと応援しています!味方でいます!!
約束します。
 
いつも幸せをありがとう。大好きです。
 

*1:SnowManオリジナル曲『ZIG ZAG LOVE』より

*2:SnowManオリジナル曲『Acrobatic』より

鼠小僧が見せてくれた夢 (4/26 夜 滝沢歌舞伎2017)

こんにちは。先日の記事の続きで第二部の感想を書いていきたいと思います!!

また、ネタバレになってしまう部分もあると思うので、見たくないよーという方は下の画像の下からは見ないようにお願いします(*_ _)

 

f:id:blan9-reine:20170501162641j:plain

 

【第二部】

「鼠小僧、夢小判」~笑いあり、涙なし~

 

第一場 捨てられた兄弟
子どものころの次郎吉と仙吉を演じていたのは、私が入った公演では次郎吉が内村くんで仙吉が川崎くん。まさかこの兄弟の別れがこんなに切ないものだったとは...と思いました。そこは去年とは設定変わってるんだろうなぁ。(去年は次郎吉がふらっと小屋を出て行ったきり、みたいな台詞があったので。)
そしてストーリー・テラーの我らがひーちゃんが登場。スーツをスタイリッシュに着こなしててかっこいい!!この回、髪を8:2くらいで分けてて、2の方は固めて後ろに流してて刈り上げの部分が見える感じにしていたんですが、8の方はゆるくパーマかかってる感じで固めてなくてふわふわで、それが私的にとてつもなくストライクでした。
ひーちゃんのお芝居、ちゃんと生で拝見するのは昨年の『少年たち』以来なんですが、回を重ねるごとにうまくなっている気がするからすごい。努力の人だなぁやっぱり、と思わずにいられないです。
 
第二場 鼠小僧、見参!
そして、鼠の登場。3階席だったのですが、目線よりちょい下くらいの高さに、しかも下手寄りだったのでほぼ真正面に鼠がいて、おぉ~って思って。すごーい、本物だぁー(*'▽')って無邪気に思ってたら、あっという間に紐?縄?を伝って下に降りて行ってしまいました(笑) その降りていく様子を見た3階や2階の一番下手に近いサイドの席の奥様方が口に手を当てて驚いていて、あの反応は演者側からしてみると役者冥利に尽きるなぁと思ってほっこりしました(*´ω`*)  私含めてみんなスゴ技に慣れすぎですからね!
下っ引きのみんなの判別まではつかなかったなぁ...。月が雲に隠れて、一寸先も見えない暗がり!っていうシーンは「なんだよ~松尾かよ~」からの「はぁーいー。ばぁーぶぅー。(イクラちゃんのモノマネ。似てる。)」でした(笑)
そしてこの鼠が追われているシーンでのひーちゃんの講談がすごい!!私も講談って存じ上げなくて、でも聞いてみて、あーこういうやつか!!と。私なら絶対舌回らない...(笑) かっこよかった。こっちこそ「惚れた!惚れた!惚れましたぞ!!」だよ~って思いました。
そして影武者さっくんもしかと見届けました!今年はバク転はなくてちょっぴり残念だったけど。
小判は降ってくる席じゃなかったけど、すごく綺麗で幻想的で見とれました。おかげで健くんと滝沢くんが見得を切っているのを見逃したくらいです、ええ(笑)
 
第三場 お丸の団子屋
花道が見えない席だったのが惜しかった...(>_<)
菊三さん大活躍でしたね~。町人役のJr.たちのなかで菊三が話すと会話のテンポが締まるような、そんな素敵な台詞回しでした。
そしてそして!!!お丸さんの登場!!!「お丸ですぅ!!」は去年と同じだけど、ズコーってみんなが新喜劇ばりにこけるのはなくなってて、パンフレットでも語っていたように滝沢くんやふっかの予想を裏切って"なんだか本当にかわいく綺麗に見えてきてしまうお丸さん"という姿を尊重した演出になっていたのが嬉しかったです。もちろんこけるのも好きだけど( *´艸`) 客席までなんだかお丸さん登場すると期待と喜びでぽわ~ってなってて微笑ましかった~
噂で聞いていたバイトくんがお丸さんの入浴シーンを覗くってくだりのときの菊三はそりゃあもうかわいかったです~~(笑)
ほうれい線のくだりは、中央線と埼京線でした(笑)
そこからいろいろ怒濤すぎて記憶が曖昧← とりあえずなべ郎が滝沢くんに飛びつくところはスーパーかわいかったです。2人とも、ね。なんか、なべ郎も客席の反応的にお丸さん並の人気者で、自担なんですけど実際にこの目で見るまで、ちゃんと渡辺くんが犬の役をやっているのが想像つかなくて←、でも当たり前だけど照れずにちゃんとやってて、みんなに愛されて、良かったなぁって思ってました!
徳俵さんは噂通り激おこでしたね...。去年ひーちゃんがやっていた蔵前の九郎次親分がいなくなった分、そのキレキャラまで背負ってて。で、林くんが小次郎になってて、去年は林くんときょもちゃんは仙吉のすぐ下についてる感じだったけど、今年の小次郎は必ずしも仙吉の直属の部下というかなんというかではなくて、徳俵さんから直々に下につかせられたりしてて、で、それを嫌がってる感じが超態度悪くて、なんかこう見ていて居心地の悪い絡みで、ということは2人のお芝居の腕が確かなんだなぁと思っていました。
あとは駒蔵の龍太くんも嫌な奴だった~。そもそも私の中の龍太くんのイメージがまいジャニとかで年下に散々いじられていたり、ツッコミに追われていたりするいいお兄ちゃんのイメージだったから、普通に怖くてびっくりした。お丸さんにもあんなに乱暴にするなんて...!!って思ってイライラしたもん。
 
第四場 大蔵金之助の屋敷
さて、こちらもみんな大好き!金ちゃん\(^o^)/
お屋敷の屏風が斜めに配置されてて変わった!って思ったけど、あれは何か意図があるのかな??
出てきて一発目は「うわぁぁ!!びっくりしたーなんだ、お客さんか。ミランダ・カーかと思った」でした(笑) さっくん絶好調!!「鳥肌が立ってる!」のとこも「肘がカサカサ!」だったし( *´艸`)
今年の金ちゃんのとこのお侍さんはがきひろだったんですね!スーっ、ぬーっのくだりは“スーッ”と“どわーっ”みたいな感じの効果音で「鼠ってそんなに多いの?」って金ちゃんのナイスツッコミ!!(笑)
そして今年も成長してない大蔵金之助は鼠にあっさり小判を渡してしまったのでした~
 
第五場 鼠の夢
ここ、去年のDVD観てるときからそうなんですが、「涙なし」とか言っておきながらじーんとさせられてしまうのは私だけではないはず。。そんな名シーンに駒蔵が参加してきます。紗幕の奥で繰り広げられているのもあってか、前のシーンとの落差か、とっても美しいシーンで。駒蔵が改心しちゃうのも納得だなと。
あれ?上手の普段ガキさんがキーボード演奏してるところに腰かけるストーリー・テラーひーちゃんと、下手で語ってるとなべ郎に絡まれるストーリー・テラーひーちゃんはどのタイミングだっけ?←  ひーちゃんひーちゃん呼んじゃってますが、本当にかっこよかったです。
 
第六場 お丸の団子屋
こっちの団子屋...なんのくだりだ...?そういやなべ郎が蹴られまくりだったのは第三場の方ですよね??徳俵さんの「この徳俵進之介に続けーーー!!!」「...こっち(反対)です」っていうのは両方にあったのは覚えてる。
そういえば、これも第三場の方だった気もしないでもないんですが、お丸さんが徳俵さんにお酒出そうとして、でも怒鳴られてびっくりしてお盆ひっくり返しちゃうところで、ハプニングで徳利が落ちると一緒に髪飾りが落ちちゃって、でもうまく拾えないでいたら次郎吉がそっと拾って、固まっているお丸さんの頭の変なとこに挿してあげてて、みんなは笑いをこらえるし、笑っちゃいけない徳俵さんもちょっとにやけちゃうというハプニングは発生してました(笑)
 
第七場 次郎吉とお丸
舞台上に綺麗な満月。花道からは菊三率いる町人衆。台詞の内容も大きくは変わっていなくて、そこになべ郎も加わって、なべ郎の格好をした渡辺くんが三之介の台詞言うの胸熱でした。そういうわかる人にはわかる遊びができるのも再演というか2年目の演目の醍醐味だなぁとしみじみ。
鼠が花道で屋根の上にいて、その別れ際になべ郎と話すんですが、なべ郎が「イクラちゃーん!バイバイで~すぅ~!!」みたいなこと言ったら、「はぁーいー。」みたいに鼠も返して、ちょうど出てきたお丸さんに「いつまでやってるのそれ!はやく忘れなさい!!」ってたしなめられるっていう(笑) でもそのあと、お丸さんも私は猫派だとか何とか言って、昔飼ってた猫の名前がタマって言ってちゃんと回収してくるあたり、お丸さんデキる女...( ˘ω˘ )
今年は屋根登れないくだりなくてちょっとさびしい(笑) 寝てたくだりもなかったかな?でも、新喜劇ばりのズコーっといい、そういうわかりやすい笑いポイントなくてもちゃんと面白かったからすごいなぁと思います。
そして相変わらずここの鼠、というか次郎吉の無事を祈るお丸さんがイイ女でねぇ~(/_;)
で、仙吉の台詞も変わってなくて「鼠小僧が次郎吉?...俺が追いかけてたのはあの時の次郎吉」っていう台詞なんですが、健くん、去年(のDVDに収録されていたver.)とはニュアンスを変えてきていて面白かったです。今年の方が、ハッと思い当たったのが伝わってきたというかなんというか。そういうの面白いなぁとぞくぞくしました。
 
第八場 進之介と小次郎
仙吉と進之介・小次郎ペアは別のところを張ることになり、2人の会話。去年、上手側で徳俵さん・九郎次親分たちと下手側で小次郎・佐助ペアとで繰り広げられてた会話芝居をぎゅぎゅっとひとつにした形になったんですが、同じ台詞あるけど、徳俵さんはやっぱり激おこ仕様だし、そんな徳俵さんに心底嫌気がさしてるんだろうなって思うけど、そこは一応明確な上下関係があるから大きく反抗はしないけど、でもやっぱりとげとげしさを隠さない小次郎がそこにはいるしで、やっぱり2人とも台詞回しのニュアンス変えてきていて、さすがだなと。同じ台詞を毎回新鮮に言うことって一番と言っていいくらいに難しいことだと私は自分のへっぽこ演劇経験(笑)の中で感じてたので。派手な立ち回りなしで、笑いなしで、っていうシーン任される2人の滝沢座長からの信頼度もうかがえるシーンだったと思います。
 
第九場 兄弟の再会
まず、水が出てくるときのあの屋根の上みたいなセットが豪華に強そうになってて感動!!← ずっと水が滝みたく流れてて下段の水汲み場に流れ込んでて、金かかってるな~と(笑)
兄弟の再会は、鼠も仙吉が来た時にこの人は自分をとらえる気がないなって察してる感じで全く構えてないのがいいし、「あの餅はちゃんと吾妻橋の下の親子に渡してくれたかい?」って聞いてすべてを伝える仙吉も粋だなぁと惚れ惚れしました。
そこに徳俵さん率いる岡っ引きたちが大挙してきて、まあ、水の中での大捕り物ですよ。駒蔵も参戦してきます。「好きにしろ」っていった鼠かっこよかった~。
今年のお丸さん登場は「私のために争わないでーーー!!!」でした。みんなの知らんぷりも面白い。そしてみんなの気を引くのは暴露じゃなくて、『愛・革命』の台詞を言うことでセンターにフォーメーションを組ませるというJr.の習性を利用した作戦← そこに集まってくるJr.のみんなの気持ちつくって入っちゃってる感がまじで面白い。あれに関しては、その場では遠くて表情見えなかったんですが、各誌で写真見て、ベテランほどいい顔してるなぁって笑いました。で、そんなみんなを駒蔵となべ郎で紐でしばる、という(笑)
徳俵さんはお丸さんに日ごろの憂さ晴らしとでもいうかのように股間狙われてるし、阿部ちゃんは滝沢くん(?)に桶で水かけられた後、その桶かぶせられて、やっとの思いで外したーー!!...けど誰も見てないっ(>_<)みたいな小芝居してるし、にぎやかでしたねー。
で、最後にもう一回上から大きい樽ひっくり返すのはなんとなべ郎のお仕事!!その前が兄弟の台詞なので、滝行のように流れ来る水を一身に受けながら耐えてるなべ郎...というかもはや渡辺くん(笑)が愛おしくて仕方ないので、余裕のある方はぜひご覧ください~!!
 
カーテンコール
ラインナップ
滝沢くんから紹介されて各自お辞儀をするんですが、去年のDVDから思ってたんですが、このときの林くん、めちゃくちゃいい顔で「ありがとうございました!」って言って頭下げるんですよね(/_;)  いい顔すぎてこっちまであぁ観てよかったなぁって思う素敵なご挨拶です。
SnowManは、さっくんから呼ばれて、そんな前出る!?って思うくらいずいっと前に出てくるさっくんを見て頼もしく思い、阿部ちゃん、渡辺くん、宮ちゃん、ふっか、ひーちゃん、そしてSnowManでひーちゃんがすっと右手を挙げて、各々その格好に似合った礼をする姿に胸が熱くなりました。
 
WITH LOVE
『WITH LOVE』のバックスクリーンの映像、今年は全部稽古風景というか稽古期間のオフショットでしたね。楽しそうな写真いっぱいで写真集つけてDVD出してくださいって感じでした←  ちなみに一番気になったのは、ちびジュに囲まれてひーちゃん仕様のかわいい笑顔のひーちゃんでした(・∀・)
あと、水がはけないので自然と舞台上に水が張ってる状態なんですが、その水面に映るセットの桜がめちゃくちゃ綺麗で、でもDVDだと1階席の高さなので映ってなくて、あれは2,3階席に入った特典だなと思って見とれていました。あんなに美しく映るものかと。
ラストのサビでわぁーって両袖からみんなが出てくるところ、わかってはいるけど圧巻で、SnowManしか追いきれなかったんですが、本当にみんな優しい、やりきったいい顔していて母のような気持ちに勝手になってました(笑)
 
LOVE
健くんを呼び込み、三方礼をして、『LOVE』
『LOVE』は口ずさめるし、ノリノリで手振りやらせてもらいましたよ、ええ( ˘ω˘ )
上手側ダンスリーダーは宮ちゃん!!両手腰で屈伸して、右足横に出してかかとだけついて右手はパーにして同じく右横に出す....っていうめちゃくちゃまどろっこしい説明になっちゃうけど、要するにミッキーがやってそうなポーズを屈伸挟んでひたすら左右に繰り出しててゆるすぎてかわいかった(笑)  意外とひーちゃんとかノリノリでやっちゃうっていうね!舘様大好きなんだもんね~ひーちゃんよかったね~みたいなね(笑)
下手側は林蓮音くん!!お兄さんたちに引っ張り出されてダンスレッスンの基礎みたいな左にサイドステップからの右にはターン入りのサイドステップ~みたいなのとかhip-hop系のノリとかやってましたね。かわいかった(*´ω`*)
で、すのRap!!!大好きなの。ここ。本当に。いい顔してた、みんな。このパートくれてありがとうございますですよホントに。
で、健&タッキーのフライング!!下手寄りの席だったので健くんが飛んでるのがよく見えました!2階席だとちょうど目が合うんだろうなぁ。健くんのキャッチは渡辺くんでした!
そして、幕。最後にありがとうございました~ってバイバイって手を振るひーちゃんがまじ幼女みを隠してなくてやられました(笑)  あと、わかっちゃいたけど渡辺くんはこういうとき上見てくれないんだよねー(´・ω・`) 見た方がモテるぞ!!(小声)
 
 
 
ということで、大大大満足の滝沢歌舞伎2017でありました。
もう、滝沢くんと健くんに関しては私から言えることは本当に何もないですが、今年は怪我なく千穐楽まで2人そろって美しくいてほしいなと願っています。そして、出演してくれるだけでも、SnowManを呼んでくれるだけでも、本当にありがたいのに、『Boogie Woogie Baby』という素敵なプレゼントをありがとうございます。ご多忙の中で、彼らのために時間を割いてくれただけでも十分なくらいなのにあんなに素敵で俺達が歌いたい!ってくらいの、写真を見た他担さんたちからおしゃれな衣装!え!?健くんデザインなの!?それ超レアだよ!?!?って言ってもらえる素敵な曲と衣装を誂えていただけて私は幸せです。
そして、新境地に達するために必要なアクロ封印の振付を五関くんにつけてもらって。これはあくまで私個人の勝手な考えなんですが、ちょっと前にJAIのことについてSnowManが語って、Jr.担を中心に物議を醸した記事があったと思うんです。あれについては彼らの"伝える"ということに関しての不器用なよくないとこが出てしまっていて仕方ないなと思っているんですが、確かに訓練して武器にはしてきたけど、自分たちのアクロバットがどんどん消費されていくことに対しての抵抗、みたいな気持ちがあったんだと思っていて。それはなんかわかるし、意味がある(五輪のシーンとか)場面のアクロバットはいいけど、なんかたとえばJr.の歌やダンスや芝居だけじゃ持たないよね、じゃあSnowManロンバクして!みたいな流れがあったんだとしたら、もしそれをやらないならそのシーンの出番はなしだよと言われていたとしても複雑な気持ちに、私だったらなるので。でも、例示したように、アクロバットが要らなかったら、悲しいかな、出られないシーンが、必要とされないシーンがあるであろうこともまた事実で。そういうどうしようもないもどかしさを打開するためには、私は、他の強みを作ることしかないと思っていて。今、Jr.でダンスと言えばトラジャだけど、ダンスでいけばどうか?大人の色気みたいなものはふぉ~ゆ~だったり、JAIみたいなときにはA.B.C-Zが担うんだろうけど、任せてもらえないか?とか。アクロ封印案が誰発信なのか、私は追えてないんですが、五関くん発信だとしたら、もしかしたらえびだってJr.時代同じもどかしさを感じていたかもしれないし、なんだか勝手にそういう愛を感じました。君たちはこんなこともできるんだよっていう、新しい扉を開いて、外の景色を見せてあげる、知らない世界に連れていってあげるという愛。五関くんも本当にありがとうございました。
 
そして、だいぶ語ってしまったけれど、この流れで私的今年のMVP、室龍太くんについても、知らないなりに好き勝手語らせていただきます。担当さん、失礼があったら申し訳ありません。
今回、照史くんの後押しを受けて、自分から動画で滝沢くんに気持ちを伝えて出演にこぎつけた龍太くん。パンフレットでも語っていたように、お笑いの部分を任せられるんだろうと思ったら、お笑いの要素は一切ないひたすらちょっと悪くてかっこいい役だったことは彼にとって意外だったんだと思います。彼のキャリアで身につけたものの集大成を今回の滝沢歌舞伎で発揮する、そんなつもりだったんじゃないかなと勝手に私は推測するので。ところが蓋を開けてみたら、かっこいい役。お笑いの部分にはほぼ絡まない。でもそれは滝沢くんの愛だな、と。キャスティングをしてくれただけですでに大きな愛情を感じますが、龍太くんのJr.としての歴、キャリアをもってしてもなお「お前にはこういうこともできるんだよ」と開いたことのなかった扉を開いてその中へと背中を押してくれるのは実に滝沢座長らしいと思いました。
龍太くんは言ってみればアウェーで、直前まで東西SHOW合戦があって、その上で日舞、殺陣、太鼓、毎年振り付けが同じ部分の多い曲はひと足遅れての振り入れ…怒濤の稽古期間だったことは、いちファンの私にも想像に易いです。
でも、それを乗り越えて、自分のものにして、少なくとも私やTwitterのTLでたくさん見かけるように、たくさんの滝沢歌舞伎のお客様の心を掴むものを舞台上から届けてくれた龍太くんは本当にすごいなと。月並みな言葉でしかないけど、ただただそう思いました。だから、今年のMVPは私的には龍太くんかな、と。
私はJr.担になったのも最近だし、ましてや関西Jr.のことは知らないことばかりで、"室三兄弟"のことはよく知らないけど、でも、他の兄弟もジャニーズというフィールドではないところへと活動の場を移して芸能活動を続けている中で、龍太くんがどんな思いでこの、必ずしも自由がきくとも言えない事務所にとどまっているのか、本当のところは私はわからないけれど、龍太くんがジャニーズであり続けてくれたことへの1つのご褒美が、今回の滝沢歌舞伎だったのではないかと思いました。
 
そして、そのシンメを務め上げた、林くん。9年連続の出演は伊達じゃない。
正直、林くんは宇宙Sixくくりでの出演ではなかったから、直接的にSnowManと比べられなかっただけで、もしグループ同士の共演だったらと思う勝ち負けを競うもんじゃないとわかっていながら怖いし、そのくらいの実力者で。なんだか当たり前のように見ているけれど、すごいことなんだと。お化けも小次郎も、歌舞伎もダンスもそつなくこなす、やってのけてしまう、林くんがいなかったらSnowManはもう少し調子に乗ってたかも...(笑)
いつもいい刺激をありがとうございます。本人の夢は知らないけれど、私はいつか林くんがデビューして、健くんやこれまでの北山くんや薮くんのような立ち位置で滝沢歌舞伎に戻ってきてくれるのを見たいです。滝沢くんと並ぶ林くんを見たい。いつかそんな姿が見られるようにひそかに祈っています。
 
さて、SnowManさんですが...明後日結成記念日なので詳しくはそのとき記事にしましょう!(笑)
でも、何様だよって言われるの覚悟で一つ言うなら...やればできるじゃん!!って思いました。すっごく失礼なこと言ってる自覚はすっごくあるよ。
正直、去年の『少年たち』見て、よく見かける「さすがSnowMan、舞台慣れしてるわ」っていう評価をもらえる理由を私はあまり見出せなくて。でも、今回はそう思ったよ。台詞回しがなにより『少年たち』よりも格段にいい。もちろん、現代劇と時代劇っていう差はあるけど。やっぱり稽古期間の、練習量の差なのかなっていう感じは否めないけど。あとは教えてくれる先輩の有無ね。
できるんだこんなに。こんなにかっこいいなんて知らなかった。と惚れ直した春でした。
 
他のJr.のみんなは、私の目が足りなくて追いきれてないけど、千穐楽まで思いっきりやって、和物いいな、また出たいな、滝沢くんと健くんとSnowManと林くんと龍太くんの背中見て、考え方とか取り組む姿勢とかなんか持ち帰ってこられたなって思えたら素敵だなって思います。みんながうらやましいです。
有意義な春になりますように。
 
そしてJAEさん、女ダンさん、バレリーナのお二人、本庄さん、石垣くん後藤くん、いつも滝沢歌舞伎を支えていただきありがとうございます。スタッフの皆さんも連日ありがとうございます。
千穐楽まで怪我や事故なく、素敵な春の思い出ができますように。
 
 
 
さて、だいぶ長くなってしまったのでさすがにたたみます!
本当に滝沢歌舞伎を観劇できて幸せでした。
千穐楽まで、滝沢組の健康と安全と成功を祈っています。
 
最後にこれだけ!言ってみたかったの!(笑)
 
春の踊りは よぉいやさぁーーーー!!!

春が来ました (4/26 夜 滝沢歌舞伎2017)

久しぶりの更新です。

なんやかんやと、自分が出ないはずで裏方だけのはずだった舞台に急遽出演することになるという、ジャニーズJr.のような事態に見舞われているうちに(笑) あっという間に2,3月を終え、桜の咲く季節を迎えていました。

都内の桜も散り、若葉の出番となったこの4月末に、初めて『滝沢歌舞伎』という作品を観劇してきました。

 

思えばもう半年以上前に、サマステで初めて生で見たSnowManのパフォーマンスに魅了され、SnowMan担当になると心に決めてから、彼らを生で見ることができたのは『少年たち』だけでしたが、彼らを応援するからには、彼らが出ても出なくても彼らの生まれた場所であり パフォーマンス・"ジャニーズJr."というよりも"表現者"としての基礎を築いてきた場所である『滝沢歌舞伎』という作品を新橋演舞場で見たいというのは私の夢と言っても過言ではないことでした。

それが叶いました。

もし彼らが滝沢組を卒業しても、それでも見たいと思っていたのに、なんだか本当にたくさんの見せ場と滝沢くん、三宅くん、そして今回出演のない五関くんからの贈り物までいただいた彼らを見ることができました。

 

カンパニーのみなさん、素敵な時間をありがとうございました。

 

さて、私が今回感じたことをここから書き残していこうと思います。

もしかしたらネタバレのような感じになるかもしれないので、見たくない方は次に貼る画像の下に続くところは見ないでください~

 

f:id:blan9-reine:20170426230710j:plain

 

【第一部】

1.オープニング

昨年の公演をDVDで見ていたから、どんな始まり方をするのか見当はついていて。でも、いざ白い布の中から滝沢くんが現れたとき、息を呑みました。圧倒的な存在感。堂々たる佇まい。滝沢座長の座長たる所以をたしかにそこに見ました。

で!!「よぉいやさぁ~」をみんなが舞台上に横一列に並んで言うなんて聞いてない!!ってなった(笑) 舞台の奥に並ぶみんなを見て、その美しさにやっぱり息を呑んで、鳥肌が立ちました。

春の踊りは、林くんと龍太くんがセンター分けで腕でハイタッチする(説明下手←)みたいな振りがあってなんかいいなって思いました。バディー感。シンメやコンビってよりもバディーという言葉が似合う二人だなと。

Welcome to 滝沢歌舞伎 というせりが上がってくるまでのダンス部分は滝沢くんとSnowManで魅せていて、去年は10人(すのジェシきょも林増)で魅せていたところを同じ振付で6人でやる姿に胸をうたれました。ああいうSnowManの姿がどうしたって私は一番好きなんだなぁとあらためて感じずにはいられませんでした。

で、そのせりが乗ってる板が回転して無所の子たちが裏から出てくるんですけど、すのもそのまんま裏に回っていく中で、客席から見て時計回りに回っているもんだから、最上手にいた子が最後に見えなくなっていくという状況で、最上手のさっくんが、最後の数センチまで見切れている限りひたすら前へ!客席へ!!という姿勢がすごくて、あのパフォーマンスのぬかりなさが数々の現場落ち佐久間担を生み出すんだなぁと妙に納得してしまいました(笑)

 

2.オープニング 2

そして健くんの登場。

すごい人だと思いました。Maybe、すごい。熱量と気持ちとモーションひとつひとつのシルエットの綺麗さの塩梅が完璧。単調でなく緩急がついていて、情熱的でいて冷静。すごい表現者だなぁと。

バックについていた林くんとさっくんも対極のようでいて不思議な統一感のある組み合わせなんだなと。なんか、林くんが基本に忠実に、さっくんが情感たっぷりで自己流に舞うというイメージが勝手にあったんですが、必ずしもそうでもなくてもっと流動的で。林くんがこんなに熱っぽく烈しさを表して踊るんだ!みたいな驚きと、さっくんの動きが三宅くんに寄っているところを見つけたりという発見と、私は手話はわからないから振付として見ているけれど三者三様の素敵な踊りだなぁと思いました。あと、間奏とか歌詞のない部分は音というかメロを表現してる振付がついていることも発見して、聾の方が見てもMaybeという曲を感じられるんじゃないかなと思って、あらためて素晴らしい作品だと思いました。

 

3.蒼き日々

白スーツの健&タッキーと、赤を纏ったSnowManと女ダンさんのコントラストがまず美しい。

この曲のバックのSnowManが好きです。フッキングとか附け打ちとか戸板倒しとか舞台演出を支えるという職人のような顔も好きですが、やっぱり私は彼らのパフォーマーとしての姿を好きだと叫ばずにいられないようです。

だから申し訳ありませんが、肝心の健&タッキーはあまり見られていません← 健くん滝沢くんごめんなさい...(*_ _)

そして、TwitterのTLでよく目にしていた”女ダンさんとSnowManが1人ずつスポットあてられる、ゲームのキャラクター選択画面みたいなところ”、本当にその例えの通りでした(笑) そして最初が渡辺くんだったので自担である彼だけ見逃がしました(笑) 渡辺担のみなさん、この曲の2番的なところで円形にバックのメンバーが並んだら上手の方に流れていく渡辺くんからソロダンスが始まります!Don't miss it !! そこのみんなのアピールが、その本気度がすごくて熱くて素敵でした。普段からもっとそんな感じでいいのに~って思いましたー!!(笑)

 

4.バトン

本庄さんはもちろんすごい。私もバトンを3年くらいやってたので技名とかはおおかたわかるんですが、投げの受けをキャッチじゃなくてロールっていう腕や肩を滑らせるので受けてるのとか。しびれます。

そして龍太くんが次の4剣士につながる語りを始めるんですが、その迫力と狂気たるや...。龍太くん、いい声してるししゃべりの速さがちょうどいい。ちゃんと龍太くんのこと見たの初めてだったので終始感激しっぱなしでした。

 

5.4剣士

かっこいい、かっこいいんだけど、ちびちゃんにすり替わったときに「か、かわいい。。」ってなるよね(笑)

戸板倒しは祈るような気持ちで見ていて、あらためて宮ちゃんの責任重大さとそこからわかる頼られ具合を感じました。最後奈落に飛び降りる滝沢くんもすごかった。っていうか、滝沢くん飛び降りすぎじゃないですか!?(笑) 足への負担が心配になりました←

 

6.お化け こどもつかい

これはねー、映画の本編映像であろう映像の数々がまずこわい。

他意はないんですが、私は去年のお化けの方が好きです。林くんのすごさみたいなものが去年のお冬の方が現れやすかったかなと。なんとなく。でも、あの時間をたったひとりで魅せる林くんはやっぱり只者じゃないな、と。彼のお芝居を他でももっと見てみたいです(*^^*)

でもほんとホラー苦手な人には大変な時間だなと思いました(笑)

 

7.MASK DANCE

お化けのあとの気味の悪い暗転を引き継いで、おどろおどろしい雰囲気の中で浮かび上がる玉座に座る健くんの姿。正面(1階席)からじゃないと紗幕のプロジェクションマッピングと連動した振付になっているのが伝わらないのが惜しい~。

↑これが気になってます。ドン!ドン!ドン!ドンドンッ!ってとこです(やっぱり伝わらない)

振付をしているYOSHIEさんのダンスが好きな者としてはこの曲、とても幸せな時間です。DVD楽しみにしてます!!(・∀・)

 

8.変面

バレエダンサーズと本庄さんと女ダンさんともに登場する、ジャニーズJr.のバレエ男子松尾龍くん、素敵でした。私にバレエの素養がないというのもあるかもしれないけれど、あの歳・キャリアの子でハラハラしたり不足に思ったりせずに見られるパフォーマンスができる得意分野を持っているというのは強みだなと思いました。これからがますます楽しみです。

そして相変わらず変面の仕組みはわかりません!!(笑)

 

9.太鼓

でかい太鼓をタップのように踏み鳴らす、という発想が神。絵面が素敵でした。その健くんの衣裳が袴なのもとても良くて。

腹筋太鼓はこれ↑。阿部ちゃんの方が線が細かった。まぁ前に立ちはだかってたのがひーちゃんと宮ちゃんというのもあるでしょうけれども(笑) あとは林蓮音くんが細いねやっぱり。がんばれ~って思いながら見てました。

 

10.浮世艶姿桜

健タッキーそろっての浮世は、2016のDVDでごくごくおまけ的についていたのでちゃんとデュエットver.を聴いたのは初めてに近くて。歌割りから何から、こういう曲だったんだ...!!と。

女ダンさんの衣裳は私もスカート派でーす(笑) ピンスポの演出も欲を言えばほしかったなぁ。ぶつぶつ...( ˘ω˘ )

セグウェイはこれが本物...!!って感じ(笑) 滝沢くんと健くんの光る帽子とセグウェイ回収してるのは誰なんだろう?どちらかがその回収役の人にピカピカしてる帽子かぶせていてかわいかったです。

最後の総踊りはまず移動距離がえぐいいわふかがジャンプしてたどり着いてたのが目を引いた。私、浮世の振付好きなんですよね。あとで覚えようと思います← 今年は♪浮世艶姿桜ー\ジャン!!/じゃなくて、ブレイクがあってからの\ジャン!!/で、そのブレイクのときの阿部ちゃんの色気がけしからん!(超褒めてるつもり)って感じでそれに気を取られてみんなが何してたか全く覚えてません(笑) 阿部ちゃんそういうとこある。いいぞ、もっとやれ~!!(笑)

 

11.滝沢一座

楽屋のシーンは林くんと龍太くんの2人で進行。その前までは台詞だったから標準語だった龍太くんが関西弁でキュンとしました(/ω\)

質問はさっくんから。滝沢くんには「滝沢くんにとってのヒーローは誰ですか?」で答えは「大仁田厚!ファイヤー!!」とのこと(笑) まさかのプロレス(笑)

健くんには「いつご飯に行ってくれますか?」で「そんなことは生涯ありません」とのことでした( *´艸`) なんだかんだ愛されているさっくん

そしてそして!待ちに待っていた『Boogie Woogie Baby』!!滝沢くんが100曲ものデモの中から選び、自身でアレンジまでしてくれて、振付を五関くんにお願いしてくれて、五関くんも”アクロバット封印”という新たな試みをSnowManにさせてくれて、そしてなんと健くんが衣装デザインをしてくださったSnowManの3曲目のオリジナル曲。

林くんが「ここで滝沢座長からみなさんにプレゼントがあります。」みたいなことを言って紹介が始まるんですが、必ずしもSnowManのファン、知ってくれている人だけではないお客さん全員へのプレゼント扱いしてくれていることにまず感動しました。そしてその流れで「長年滝沢歌舞伎を支え続けてくれているSnowManに~」ということを林くんが言ってくれていて、林くんだってすののみんなよりももっと長い間、9年間も連続で出演し続けているのにと少し複雑な気持ちになりながら、でも、彼にはお化けという大役が任されているのかと思いなおしたりもして、そうこうしているうちに曲披露で。

噂で聞いていたように、大人っぽくて難しそうな曲。情けないことに全然覚えられなくて、早く少クラでやってくれないかなぁと願っています(笑) でもその前にクリエでやってくれるとは思いますが!

舞台化粧は、滝沢くん曰く日に日に遅くなっていくという健くんがかわいかった( *´艸`) 滝沢くんに「まだ全然顔真っ白に見えますけど?」「眉毛まだ描いてないですよね?」って指摘されて「ぶーー(・з・)」とか言ってて、もうほんとに...かわいいおじさん...(笑)

先日の滝沢電波城でひーちゃんが話していた、浮世後の暗転でひーちゃんが健くんの肩を抱いて袖にはけるという話も出ました!「こどもつかいが、俺おじさんなのにこどもと間違えてさらっていこうとしてるのかと思った(・∀・)」とか言ってて(笑) ひーちゃんがいじられてる!!みたいな。健くんありがとうございましたー!!

 

12.滝沢歌舞伎

ちびジュちゃんたちの口上。みんなかたかったけどがんばっててかわいかったなぁ。私が観た回は、川崎くん・内村くん・黒田くん・安嶋くんの組でした。パンフで滝沢くんやお兄さんJr.たちが「終わってみて楽しかったって思ってくれればいい」って語っていて、その愛の大きさにじーんとしました。そうやって未来のスターたちが育てられていくんだなぁと。風磨くんのサマパラのDVD観たときも同じようなことを感じました。みんな、先輩たちの背中をよく見て、千穐楽までがんばってね!!

傾き踊りのSnowManは...美しい。こんなに日舞も板についたか、と思いました。上達していく過程は知らないんですが← 女ダンさんと1対1で、あべだてなべさくが絡むところがあるんですが、渡辺くんは女ダンさんと肩を組んで互いの扇子を合わせるっていう動きをしていて、その肩の組み方がそこはかとなくチャラくて、ふふ( *´艸`)ってなりました(笑)  身長的に渡辺くんが上から腕をまわすことになるから必然的にそうなるんだけど、肩を抱きにいってる感じがなんかチャラかった。そんなところももちろん好きですが。←

五右衛門は、梯子の向こう側に立って指示出ししてる宮ちゃんと、てっぺんで逆さまになる渡辺くんにしびれました。かっこいい。

車引きは健くんとちびジュちゃんたちという組み合わせが新鮮で。健くんもすっかり自分のものにしていてすごいなぁと。

そして道成寺。健くんと滝沢くんの女形。まず、まあ滝沢くんの女形の綺麗なこと...。仕草が綺麗とか女性らしいとかそんなの超越して、どこかかわいらしさすら感じられるようなそんな女形。そして健くんの女形も板についていて。麗しい女の人がそこに2人存在していて、息を呑みました。

蛇との戦いでは、連獅子をつけて顔を布で覆って健くんと滝沢くんが登場した後、その布を引き取るのが健くん→ひーちゃん、滝沢くん→阿部ちゃんっていう組み合わせで、そのときの阿部ちゃんの色気が!炸裂してて!あてられました!!(/ω\) 反ったときの首筋がめちゃくちゃに綺麗でした。お見事!!

 

 

 

...ということで、つらつら第一部の感想を綴ってまいりましたが、なかなか長くなりそうなので第二部は別記事にします!

とにかく第一部はパフォーマンスの迫力に圧倒されて、何度鳥肌が立ったか...という感じでした。そして、応援しているSnowManのみんなの好きなところをあらためてたくさん見つけられた時間でした。

記憶が新鮮なうちに第二部も書けるようにがんばります!!

 

お付き合いありがとうございました<(_ _)>